kuzukiria_blog(文学的)

読書とか、いろいろなお勉強(byウィキペディア)とか、文章(文学、芸術、哲学)とか・・・


2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「侍女たち」とは何か?~フーコー『言葉と物』を読む

「侍女たち」──はフーコーの『言葉と物』の第1章のタイトルだったり

でも、西洋人じゃないとこれだけだと、わからなかったりヽ(´ー`)ノ

註も説明もなく、

第一章 侍女たち

  一

 画家は絵から心もちさがったところにいる。


から始まります

まあ、『言葉と物』には、序がついてるから
ほんとにここから始まるわけじゃないからいいけど
わけわからなすぎー;;

まあ教養が豊かだったり、美術にくわしい人ならわかるんだろうけど
註くらいつけてほしかったり

というわけで『フーコー・コレクション3』に収録されている「侍女たち」
(その細かい経緯はここではどうでもいい)
のほうには説明があって、ベラスケスの絵だったり

というわけでやっと、ネットで探せる糸口がつかめた
「侍女たち」で検索してもまず無理だろうし、、、

※追記──後で別丁扉の次にカラーであるの発見
 扉とくっついてて気づかなかった&目次とか註に書いてくれればいいのに;;


というわけでウィキペディア

▼ディエゴ・ベラスケス
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%82%B9

ディエゴ・ベラスケス(Diego Rodríguez de Silva y Velázquez, 1599年6月6日 - 1660年8月6日)はバロック期のスペインの画家。


[編集] 『ラス・メニーナス』(女官たち)

女官たち(ラス・メニーナス) 1656 プラド美術館

侍女たち

フェリペ4世の王女マルガリータを中心に侍女、当時の宮廷に仕えていた矮人(わいじん)などが描かれ、画面向かって左には巨大なキャンバスの前でまさに制作中のベラスケス自身の姿が誇らしげに描かれている。中心の王女マルガリータを含め、画中の人物は鑑賞者の方へ視線を向けており、何かに気付いて一瞬、動作を止めたようなポーズで描かれている。その「何か」は画面奥の壁に描き表された鏡に暗示されている。この小さな鏡にぼんやりと映るのは国王フェリペ4世夫妻の姿であり、この絵の鑑賞者の位置に立って画中の人物たちを眺めているのは実は国王その人である。この絵は、国王の夏の執務所の私室に掛けられていたという。画中のベラスケスの黒い衣服の胸には赤い十字の紋章が描かれている。これは、サンティアゴ騎士団の紋章で、ベラスケスが国王の特段のはからいで同騎士団への加入を果たし、貴族に列した1659年(死の前年)に描き加えられたものである。


この絵はなんかみたことあるかもー

これですっきりーヽ(´ー`)ノ

というわけで何の絵だか誰の絵だかもわからない状態では
一章すっとばしたくなるけど
これで少しは読むきがおこるかも

もともと、とばし読みばっかりしてるけど・・・

最初から最後までまじめによもうとすると、ストレスたまりすぎだったり


・おまけのぐだぐだ

最近三国志のまとめをwiki形式でやってるけど
整理整頓にはあっちのが便利かもー
三国志が非公開なのは、たんに三国志はメジャーだから
工事中だらけの個人ページに検索でたどりついたらごめんなさいということで

なんだかんだで、おまけの感想つけたがるし
だったら引用の範疇に入るかも

三国志のwikiに、文学系も乗せようとしてたけど
どうにも逢わない感じなので、別の追加しようかな

で、放置中、放置後のHPやブログ、取扱中のブログとwikiとか
いくつかかえることになるんだかー

書くこと好きだからまいっか状態にしろ
自分でわけわからない(自分用に好き勝手書いてるだけだし)状態になるのは
こまるかも

とりあえず考え中・・・



 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

[ベケットギャラリー]

(ベケットの戯曲の抜粋ランダム)

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

全ての記事を表示

→全ての記事を表示

最近の記事

『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと⑤
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと④(読書法のこと)
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと③
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと②
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと①
ipodが壊れて買ったにっき
老子の読書めも②
リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)
贈り物には羊羹・贈り物には羊羹・贈り物には羊羹
氷が手に着くのは何でなのかな
ラジオのジャズのこと
リヴァイアサン読書めも1

ブログ内検索

Lc.ツリータグリスト

カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。