kuzukiria_blog(文学的)

読書とか、いろいろなお勉強(byウィキペディア)とか、文章(文学、芸術、哲学)とか・・・


2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンデル「サラバンデ」のこと

キューブリックの「バリー・リンドン」綺麗で音楽がいい
この監督で一番好きな映画だけど・・・

どこかで書いた気がするけど、なんか忘れた
同じ事を何度も繰り返すのも、
コヘレトの言葉っぽいことで、まあいいや・・・

▼伝道の書 1
(旧約聖書)

:9
  先にあったことは、また後にもある、
  先になされた事は、また後にもなされる、
  日の下には新しいものはない。


で、その最初の音楽が好きだけど名前わかったー
というわけでこんなの



Sarabande


G. F. Handel Sarabande




サラバンデっていって、ヘンデル作曲でした

▼ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Händel 1685年2月23日 - 1759年4月14日)は、ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。

[編集] 生涯
大バッハと並ぶバロック音楽最大の作曲家とされ、「音楽の母」というキャッチフレーズが添えられることもある。

作品について
大バッハが主として教会の礼拝で用いる音楽(教会音楽)で活躍したのに対し、ヘンデルはオペラや(劇場用の)オラトリオなど、劇場用の音楽で本領を発揮した。

(抄出)


で、サラバンデはここにはのってない
っていうか曲名?はむずかしいな・・・

サラバンデという種類の曲だからサラバンデっぽくて
日本語版にはないー

▼Sarabande
From Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Sarabande

In music, the sarabande (It., sarabanda) is a dance in triple metre. The second and third beats of each measure are often tied, giving the dance a distinctive rhythm of quarter and half notes in alternation. The half notes are said to have corresponded with dragging steps in the dance.

The sarabande is first mentioned in Central America: in 1539, a dance called a zarabanda is mentioned in a poem written in Panama by Fernando Guzmán Mexía.[1] Apparently the dance became popular in the Spanish colonies before moving back across the Atlantic to Spain. While it was banned in Spain in 1583 for its obscenity, it was frequently cited in literature of the period (for instance in works by Cervantes and Lope de Vega).

Later, it became a traditional movement of the suite during the baroque period, usually coming directly after the Courante. The baroque sarabande is commonly a slow triple rather than the much faster Spanish original, consistent with the courtly European interpretations of many Latin dances. This slower, less spirited interpretation of the dance form was codified in the writings of various 18th century musicologists; Johann Gottfried Walther wrote in his Musicalisches Lexicon (Leipzig, 1723) that the sarabande is "a grave,...somewhat short melody," and Johann Mattheson likewise wrote in Der Vollkommene Capellmeister (Hamburg, 1739) that the sarabande "expresses no passion other than reverence" [2].

The sarabande form was revived in the 20th Century by composers such as Debussy, Satie and, in a different style, Vaughan Williams (in Job) and Benjamin Britten (in the Simple Symphony).

[edit] Film
Stanley Kubrick and Brian De Palma prominently featured a sarabande by George Frideric Handel in the soundtracks to their films Barry Lyndon and Redacted respectively. [3] In direct reference to Barry Lyndon, Michael Winterbottom included this sarabande in A Cock and Bull Story in a new arrangement by Michael Nyman.


この曲のイメージからは意外だけど、
踊りの曲で大航海時代のカリブとかスペインとかが元だったり?

やたら荘厳なかんじになってるけど
音楽の雰囲気ってちょっとしたことで変わりやすいと言うことかも






 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

[ベケットギャラリー]

(ベケットの戯曲の抜粋ランダム)

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

全ての記事を表示

→全ての記事を表示

最近の記事

『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと⑤
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと④(読書法のこと)
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと③
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと②
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと①
ipodが壊れて買ったにっき
老子の読書めも②
リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)
贈り物には羊羹・贈り物には羊羹・贈り物には羊羹
氷が手に着くのは何でなのかな
ラジオのジャズのこと
リヴァイアサン読書めも1

ブログ内検索

Lc.ツリータグリスト

カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。