kuzukiria_blog(文学的)

読書とか、いろいろなお勉強(byウィキペディア)とか、文章(文学、芸術、哲学)とか・・・


2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人生にあきたものと魂(バァ)との対話」(古代エジプトの詩)~古代エジプト人の死生観とか

しばらくこのブログ放置してたら、広告がでた;;
集中力がなさすぎーな日々だったけど
なんか昔のメモでも・・・

かなりむかし、収録したもの
本自体どこにあるかもうわからないかも

っていうか、アマゾンにはないなー
新書だからそのうちまた刷られるかも?

象形文字入門 (中公新書 5)象形文字入門 (中公新書 5)
(1962/11)
加藤 一朗

商品詳細を見る


象形文字入門p68より

「人生にあきたものと魂(バァ)との対話」より

死が今日私の前にある
病人が治ったように
病いえて外をあるくように

死が今日私の前にある
じゃこうの香のように
風の日帆かげにすわるときのように

死が今日私の前にある
蓮の花の香のように
盃のかたわらに坐っているときのように

死が今日私の前にある
澄みきった空のように
胸のひらけるように

死がいま私の前にある
長い囚われののちに
家路をあこがれるように


死生観はいろいろです
それは個人差もあるけど、文化による差異も大きいかも
古代エジプト人は死の世界、死後の世界をそれほど恐れなかったようです

死後は苦しみを受けるという文化もあれば
わりと愉快にくらせると考える文化もあったり

メソポタミアは、エジプトと違って、かなり死後は悲惨だと考えていたような

とりあえず、広告よけはこのへんで;;

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

[ベケットギャラリー]

(ベケットの戯曲の抜粋ランダム)

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

全ての記事を表示

→全ての記事を表示

最近の記事

『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと⑤
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと④(読書法のこと)
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと③
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと②
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと①
ipodが壊れて買ったにっき
老子の読書めも②
リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)
贈り物には羊羹・贈り物には羊羹・贈り物には羊羹
氷が手に着くのは何でなのかな
ラジオのジャズのこと
リヴァイアサン読書めも1

ブログ内検索

Lc.ツリータグリスト

カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。