kuzukiria_blog(文学的)

読書とか、いろいろなお勉強(byウィキペディア)とか、文章(文学、芸術、哲学)とか・・・


2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルヘス『永遠の歴史』~人間の認識、感情、思考、栄枯盛衰の数は有限であり、死ぬ以前にわれわれはそれを使い果たすであろう

2007/7/6(アメブロより引越)

ぱらぱらと、ボルヘスの『永遠の歴史』
(ちくま学芸文庫)を読んでました

これは以前読んだもので、ところどころに傍線や印がはいっています
それはかつて何かしらひっかかるところがあった箇所です
2度目以降読み直すときには、それらの印を目印にして読み直します

傍線のあるところとか・・・
だいたい、興味のあるテーマのところは傍線をひくし、

個人的に興味がなければ通り過ぎます
あれもこれも考えることはできないから、
しょうがないですね、、、

ヽ(´ー`)ノ

p41
これは三十年前とまったくそのまま同じではないか……。

p42
 その想像をいま私は次のように書く。静穏な夜、澄みきった声で啼く小鳥、すいかずらの鄙びた匂い、本来の泥んこ道──そういったさまざまな同質的なものが一体になったあの純粋な示現は、ただ単に千八百何年かのあの角における示現とそっくりであるだけではない。それは、相似でも反復でもなく、まさに同じ当のものなのである。時間とは、もしわれわれにその実体を直観することができるとすれば、一つの幻想である。見かけ上のきのうという日の一瞬と、見かけ上のきょうという日の一瞬との間には何の相違もなく、両者は不可分のものであるという一事だけで、時間を解体するには十分であろう。
 そのような人間的瞬間瞬間の総数が無限のものでないことは明らかである。


(循環説)

p112
 時としてわれわれは「そのような瞬間をすでに生きたことがある」という感情に襲われて、もの思いに沈んでしまうことがある。永劫回帰説の同調者たちは誓ってそのとおりであると断言し、既視(デジャ・ヴュ)などという人を惑わす状態に、彼らの信念の確証を求めるのである。

p126
……人間の認識、感情、思考、栄枯盛衰の数は有限であり、死ぬ以前にわれわれはそれを使い果たすであろう、ということに帰着する。マルクス・アウレリウスは繰り返し言っている。「現在を見てしまった者はすべてのものを見てしまったのである。いつとも知れぬ遠い昔に起こったこと、未来において起こるであろうことを。」(『自省録』第六章第三七節)


 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

[ベケットギャラリー]

(ベケットの戯曲の抜粋ランダム)

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

全ての記事を表示

→全ての記事を表示

最近の記事

『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと⑤
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと④(読書法のこと)
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと③
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと②
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと①
ipodが壊れて買ったにっき
老子の読書めも②
リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)
贈り物には羊羹・贈り物には羊羹・贈り物には羊羹
氷が手に着くのは何でなのかな
ラジオのジャズのこと
リヴァイアサン読書めも1

ブログ内検索

Lc.ツリータグリスト

カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。