kuzukiria_blog(文学的)

読書とか、いろいろなお勉強(byウィキペディア)とか、文章(文学、芸術、哲学)とか・・・


2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ『ヘンゼルとグレーテル』(フンパーディンク)より「魔女の騎行」

前回魔女の絵本をみて思い出したのが
魔女の騎行──です

オペラ『ヘンゼルとグレーテル』のなかに登場する曲で
タイトルのとおり、ワーグナーのワルキューレの騎行に影響をうけたとされる曲です

ヘンゼルとグレーテル(アーサー・ラッカム).jpg


というわけでさがしだした
これの出典のCDはそのうちさがす;;

アマゾンにあったのはこんなCD
なんか見覚えがない気がするのでこれじゃない気がする・・・
ていうか値段で輸入のをよくかってたりするからわけわからないことが・・・

フンパーディンク : 歌劇 「ヘンゼルとグレーテル」全曲フンパーディンク : 歌劇 「ヘンゼルとグレーテル」全曲
(1999/10/22)
グルントヘーバー(フランツ)ドレスデン国立歌劇場少年合唱団

商品詳細を見る


クリスマスころによくやってるオペラで
子供向けっぽいけれど、かわいいです

グルメのロジーナっていう魔女の自己紹介の表現がとっても好き・・・

ていうか、この表現が好きで覚えてるけど
あらすじには魔女の名前はいってない・・・

魔女という存在の取り扱われ方がわかるかも
固有名詞でよんでもらえないとかわすれられがちな存在とか?



第2幕への前奏曲ですねー

▼ヘンゼルとグレーテル (オペラ)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB_%28%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%29

『ヘンゼルとグレーテル』 (Hänsel und Gretel) はドイツの作曲家エンゲルベルト・フンパーディンクの作曲した全3幕のオペラである。

原作は有名なグリム童話ヘンゼルとグレーテルである。 台本は作曲者の妹であるアーデルハイト・ヴェッテ。1893年12月23日にヴァイマルにて初演、後にロンドンやニューヨークでも公演され、大好評を博しフンパーティングの代表作となったとともに、ヴァーグナー以後のドイツオペラの代表する作品といわれる。  

[編集] 登場人物
ヘンゼル(メゾソプラノ)森で迷う兄妹の兄
グレーテル(ソプラノ)兄妹の妹
ペーター(バリトン)箒職人で兄妹の父
ゲルトルート(メゾソプラノ)兄妹の母
お菓子の魔女(メゾソプラノ)魔法でおびき寄せた子供たちを捕まえ食べてしまう悪い魔女
眠りの精、露の精(ソプラノ)森の妖精。眠りの精は眠りにつかせ露の精が目を覚まさせる。

[編集] あらすじ
原作であるグリム童話とは異なる設定が多い。


[編集] 第1幕
 貧しいほうき職人の夫婦ペーターとゲルトルート、二人の子供のヘンゼルとグレーテルが住んでいました。ある日、留守番をしていたヘンゼルとグレーテル兄妹が言いつけられた仕事に飽き、遊んでいるところに母親ゲルトルートが帰ってきます。子供たちが仕事もせずに遊んでいることに腹を立てたゲルトルートは、ヘンゼルにお仕置きをしようとしてミルクの入ったつぼを割ってしまいます。唯一の食料がなくなり困ったゲルトルートは、子供たちを森へいちごを摘みに行かせます。子供たちを送り出すと、ゲルトルートは疲れ果てて、愚痴をこぼしながら寝入ってしまいます。 父親ペーターが食料をたくさん持って、陽気に歌いながら帰ってきます。最初はうるさがったゲルトルートも、たくさんの食べ物を見て機嫌を直し、2人はほうき屋ばんざいと楽しく歌います。しかし、子供たちが森へ行ったことを知ったペーターが、森にはお菓子の魔女が住んでいて子供を捕まえて食べてしまうと語り、二人は森へ子供たちを捜しに行きます。


[編集] 第2幕
森の奥で兄妹は道に迷って帰れなくなり日が暮れかかる。眠りの精が二人を眠らせてしまう。


[編集] 第3幕
露の精のおかげで兄妹が目を覚ますと、魔女が魔法で作ったお菓子の家が現れる。家の中から出てきた魔女に二人は捕まり食べられそうになるが、機転を利かせて逆に魔女を退治する。すると魔法により閉じ込められていた他の子供たちも助け出され、兄妹は両親と再会する。


[編集] 評価
作曲者であるフンパーディンクは、一時ワーグナーの元で働いていたこともあり、その影響を大きく受けている。フンパーディンクはこの作品により独立した作曲家としての地位と名声を手にしたが、随所にあるワーグナー風の作曲手法と、それとは対して軽快で明るい魅力を持っている。



▼エンゲルベルト・フンパーディンク
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AF

エンゲルベルト・フンパーディンク(Engelbert Humperdinck, 1854年9月1日 - 1921年9月27日)はドイツの作曲家。




ニコニコ動画のことだけど
今回はり付けたのは今さっきこのブログかくついでにアップしたものだけど
(静止画+音楽はとってもかんたん)
他の人のもはりつけてあるからちゃんと区別つけとくかな

追記ー

CD発見した
指揮者はカラヤンだった

アマゾンにあったーヽ(´ー`)ノ

Humperdinck;Hansel Und GretelHumperdinck;Hansel Und Gretel
(1999/09/06)
Philharmonia Orchestra

商品詳細を見る


これー

Philharmonia Orchestra (アーティスト)
Herbert von Karajan (指揮)

カラヤンは指揮者で有名だからいいとして
いつもオーケストラの名前がぐちゃぐちゃ・・・
翻訳の名前とか省略とかややこしすぎるし
まぎらわしい別のがあったり、ただの別名だったりとか・・・

この演奏はPhilharmonia Orchestra

ウィキペディアによると・・・

▼フィルハーモニア管弦楽団
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%A2%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%9B%A3

フィルハーモニア管弦楽団(The Philharmonia Orchestra、愛称"The Phil")は、イギリスのオーケストラである。本拠地は、1995年よりロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホール。世界でも最も録音の多いオーケストラとしても有名である。


こんなかんじー

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

[ベケットギャラリー]

(ベケットの戯曲の抜粋ランダム)

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

全ての記事を表示

→全ての記事を表示

最近の記事

『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと⑤
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと④(読書法のこと)
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと③
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと②
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと①
ipodが壊れて買ったにっき
老子の読書めも②
リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)
贈り物には羊羹・贈り物には羊羹・贈り物には羊羹
氷が手に着くのは何でなのかな
ラジオのジャズのこと
リヴァイアサン読書めも1

ブログ内検索

Lc.ツリータグリスト

カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。