kuzukiria_blog(文学的)

読書とか、いろいろなお勉強(byウィキペディア)とか、文章(文学、芸術、哲学)とか・・・


2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「植物画(ボタニカルアート)」~ルドゥーテという画家

なんとなくとうとつに「植物画」を書いてみたくなりました
仕事で植物画を眺めていたのがきっかけだけど
書けてかざれたらいいですねー


「植物画」またの名を「ボタニカルアート」といいます
趣味にしている人も多いようで、入門書はいくつかでています
今度、見てみようかなー

で、とりあえずウィキペディアでは項目なかったので
関連あるのを見てみます

植物画の画家っぽいです
バラの絵きれいー

▼ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%9D%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%86

wikiよりルドゥーテの薔薇の絵.jpg

ピエール=ジョゼフ・ルドゥテ (Pierre-Joseph Redoute、1759年7月10日 - 1840年6月20日)は、南ネーデルラント出身のベルギーの画家。「バラの画家」として知られる。 ユリやバラなどの植物を描いた博物画を多く残しており、「花の画家」「バラの画家」と呼ばれている。 銅版画による多色刷り印刷を確立した人物と言われる場合もあるが、彼の作品はすべて手彩色による修正が施されている。

[編集] 「バラの画家」

ナポレオン1世の皇后ジョゼフィーヌがマルメゾン宮殿にバラ園を営み、世界中からバラを蒐集していることを知ったルドゥーテはバラの絵を描く事を思い立ち、ジョゼフィーヌからバラ園の出入りの許可を得た。以来、ルドゥーテはマルメゾン宮殿のバラや他の植物の絵を書くことになった。

ルドューテはいくつかの植物図譜を著すが、その中でも「バラ図譜(Les Rose)」は最高傑作といわれる。

「バラ図譜」はジョゼフィーヌの死後の1817年から1824年にかけて全3巻に分けて出版される。「バラ図譜」には170種のバラが精密に描かれ、芸術的価値だけではなく植物学上も重要な資料となっている。

「バラ図譜」の原画は1837年にベリー公妃、マリー=カロリーヌ=フェルディナン=ルイズ=ド・ブルボンの口利きで国家に買い上げられることとなるが、1871年のルーブルの図書館の火災で消失したと言われている。


[編集] 人生
祖先はネーデルラントの騎士だったが、芸術家を多く輩出する家系であり、職業画家となる人物が多かった。 ジョゼフの父は宗教画家、兄弟は装飾画家を務めており、幼い頃から絵に親しんでいた。 10代後半からパリにある兄の工房で装飾画家を務めていたが、植物学者シャルル=ルイ・レリチエ・ド・ブリュテルの著作「新種植物の記述」の挿絵を手がけたことから博物画(植物画)の世界に入る。 ルドゥテの植物画は絵の正確さから、園芸家などからも支持を集めた。 王妃の蒐集室付素描画家、自然史博物館付植物画家、自然史博物館付図画講師を歴任し、金銭的には恵まれていたが、浪費癖があったため生活はしばしば困窮し、死の直前には銀食器まで売り払うほどだった。


[編集] 略歴
1759年 南ネーデルラント(現ベルギー)に生まれる
1784年-1785年 「新種植物の記述」出版。挿絵を担当する
1789年 王妃の蒐集室付素描画家の称号を得る
1793年 自然史博物館付植物画家となる
1802年-1816年 「ユリ科植物図譜」出版
1817年-1821年 「バラ図譜」出版
1822年 自然史博物館付図画講師となる
1827年-1833年 「名花選」出版
1840年 没
1843年 「王家の花束」出版

[編集] 著書
現在一般に入手できる著作(「バラ図譜」はレプリカでも高額である)は以下のもの。

『バラ図譜 (1),(2)』原題:"LesRoses" 学習研究社
1 巻 ISBN 4051511146 1988年
2 巻 ISBN 4051511154 1988年



こういうの書けたらいいなーヽ(´ー`)ノ

リンクいろいろー

▼ボタニカルアートの世界
 http://www.botanicalartclub.com/index.html

▼野村陽子ボタニカルアートエッセイ
 http://www4.ocn.ne.jp/~botany/
  ・こんにゃくの花
  ・蓮根





本いろいろー

やさしい植物画―ボタニカルアート入門 やさしい植物画―ボタニカルアート入門
高橋 京子 (2001/05)
日貿出版社

この商品の詳細を見る


植物画プロの裏ワザ (The New Fifties) 植物画プロの裏ワザ (The New Fifties)
川岸 富士男 (2003/05)
講談社

この商品の詳細を見る


透明水彩で描く楽しい植物画12ヶ月―ボタニカルアートレッスン 透明水彩で描く楽しい植物画12ヶ月―ボタニカルアートレッスン
高橋 京子 (2005/06)
日貿出版社

この商品の詳細を見る


野の花スケッチノート―透明水彩 (新カルチャーシリーズ) 野の花スケッチノート―透明水彩 (新カルチャーシリーズ)
中島 清隆 (2004/07)
グラフィック社

この商品の詳細を見る


初心者のための植物画―すぐに描ける原寸下絵と彩色プロセス 初心者のための植物画―すぐに描ける原寸下絵と彩色プロセス
西本 眞理子 (2005/10)
日貿出版社

この商品の詳細を見る


野の草花の植物画―透明水彩で描くボタニカルアート 野の草花の植物画―透明水彩で描くボタニカルアート
安井 亜代子 (2003/10)
日貿出版社

この商品の詳細を見る


四季の草花を描く植物画 四季の草花を描く植物画
西村 俊雄 (2007/05)
主婦と生活社

この商品の詳細を見る


ボタニカルアート―植物を細密に描く (朝日カルチャーセンター講座シリーズ) ボタニカルアート―植物を細密に描く (朝日カルチャーセンター講座シリーズ)
浅野 ひさよ (2001/10)
旬報社

この商品の詳細を見る





 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

[ベケットギャラリー]

(ベケットの戯曲の抜粋ランダム)

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

全ての記事を表示

→全ての記事を表示

最近の記事

『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと⑤
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと④(読書法のこと)
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと③
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと②
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと①
ipodが壊れて買ったにっき
老子の読書めも②
リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)
贈り物には羊羹・贈り物には羊羹・贈り物には羊羹
氷が手に着くのは何でなのかな
ラジオのジャズのこと
リヴァイアサン読書めも1

ブログ内検索

Lc.ツリータグリスト

カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。