kuzukiria_blog(文学的)

読書とか、いろいろなお勉強(byウィキペディア)とか、文章(文学、芸術、哲学)とか・・・


2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マタタビ」~植物の話+料理の実験(失敗)

植物のマタタビについて調べてみました
猫以外にも役に立つみたいです


地味な感じの植物とか
外で見つけて名前が分かるとなんか幸せになります

マタタビは、猫にあげると喜ぶことでは有名ですが
そもそも何なのか、確認してみたくなったので調べました


▼マタタビ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%82%BF%E3%83%93

マタタビ(木天蓼、「もくてんりょう」とも読む)は、別名夏梅ともいい、マタタビ科マタタビ属の落葉蔓植物である。低位の山を散策すると割とよく見かける。日本の山地に自生している。マタタビという名前は、疲れた旅人が、マタタビの果実を食べたところ、再び旅を続けることが出来るようになったということから、「又旅」から名付けられた。

葉は丸めで夏に小さな白い花を咲かせる。花をつける蔓の先端部の葉は花期に葉緑素が抜けて白化し、送粉昆虫を誘引するサインとなっていると考えられる。近縁のミヤママタタビではこの変化は白くなるのではなく、鮮やかな桃色に着色する。若い果実は辛いが熟すと美味しい。薬用酒(マタタビ酒)の素として果実がよく使われる。因みにキウイフルーツもマタタビ科である。

ネコ科の動物はマタタビの臭い(中性のマタタビラクトンおよび塩基性のアクチニジン)に恍惚を感じ、強い反応を示すため「ネコにマタタビ」という言葉が生まれた。

マタタビ以外にも、同様にネコ科の動物に恍惚感を与える植物としてイヌハッカがある。

[編集] 生薬
果実にタマバエ科の昆虫が寄生して虫こぶになったものは、木天蓼(もくてんりょう)という生薬である。冷え性、神経痛、リューマチなどに効果がある。



ヽ(´ー`)ノ



他にも検索してみたら次のところがみつかりました
通販で売ってるようですねー
苗が売ってるところもありますが
ここはマタタビで作ったものを売ってるようです
今は晩秋なのでシーズンオフみたいですが

「山の幸通販クラブ マタタビ(またたび)専門通販ショップ」
 http://www.sansaikinoko.com/matatabi1/index.html

というわけでお勉強させてもらいましたヽ(´ー`)ノ

マタタビの人間の使用方法とかを知ることができました

マタタビ茶、マタタビ酒、天ぷら(芽など)
浴槽に入れて疲労回復とかー

実(虫エイ果)──をゆでて乾燥させたものは
 木天蓼(もくてんりょう)と呼ばれる漢方薬


「マタタビの秘密」という頁では
さらに詳しくマタタビについて知ることができました

 http://www.sansaikinoko.com/matatabi1/himitu.html

若芽、葉、花
若芽はビタミンcを、緑茶の10倍、ビタミンAを3倍含み、ガン、風邪の予防になります。 利用方法:またたび茶、そのまま調理して、炊き込みご飯、てんぷら、汁のみ等など

茎、葉
またたびは全草が利用できます。茎や葉も利用できます。茎や葉は、採取したら日陰干しにして、 乾燥させ、またたび茶の健康茶として利用いたします。またそのままお湯に入れて、入浴剤としての利用もあります。 体を温め、血行促進に利用されます。

実(虫エイ)
またたびの実で、「かぼちゃ型・・虫エイ」は、他の箇所よりも「マタタビ酸」の発散が少なく、 効能が高いため、いろんな方法で利用されています。
特に、神経痛、リュウマチ、腰痛、疲労回復、通風、利尿、保温。高血圧、更年期障害 ・・・いろんな文献がいろいろな効能を、あげております。特に女性の方に効果があるようです。 その自然の「力」には、驚かされます。



マタタビは奥が深いですヽ(´ー`)ノ





おまけー

全然関係ないけど、今回は短めだったので
ここにひっそり収録ー
変なレシピを実験してみました
失敗だったけど、また同じ失敗を繰り返さないため・・・
というわけで以下作り方レポートです

ヽ(´ー`)ノ

タマゴトーストを食べたくなったけど
ゆで卵とか目玉焼きとかめんどくさいです
でも、名案を思いついた気がしたので作ってみました

☆彡手抜き卵トーストのレシピ☆彡

①パンにバターをぬってタマゴをわってそこにおとす
②タマゴがパンから落ちそうになるので、
 ウィンナーをふちにおき、スライスチーズをのせて安定させる
③トースターで4分やくと、パンはこんがり、卵はほぼ生のまま
④取りだしてラップをのせ、卵が爆発しないように祈りつつ
 電子レンジで1分加熱
⑤爆発しなくてすんで(見た目)できあがりー

・感想
電子レンジでトーストを温めている時点で味の方はぺけー
パンが硬くなって食べるの大変ー
わんこのおやつには、かみごたえがあってしあわせそうだったかも

・結論
これはぺけ

・分かったこと
①パンをほどよくトーストする時間では生卵は全然固まらない
  (白身の大部分が透き通ったまま)
②パンを電子レンジは硬くなり過ぎ
③卵は電子レンジで爆発しない時もある
  (爆発の条件は不明)

レシピとしては使えないけれど
いろいろ賢くなったような気もするのでまいっかヽ(´ー`)ノ





 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

[ベケットギャラリー]

(ベケットの戯曲の抜粋ランダム)

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

全ての記事を表示

→全ての記事を表示

最近の記事

『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと⑤
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと④(読書法のこと)
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと③
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと②
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと①
ipodが壊れて買ったにっき
老子の読書めも②
リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)
贈り物には羊羹・贈り物には羊羹・贈り物には羊羹
氷が手に着くのは何でなのかな
ラジオのジャズのこと
リヴァイアサン読書めも1

ブログ内検索

Lc.ツリータグリスト

カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。