kuzukiria_blog(文学的)

読書とか、いろいろなお勉強(byウィキペディア)とか、文章(文学、芸術、哲学)とか・・・


2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)

クリスマスーヽ(´ー`)ノ
てことでケーキ食べて幸せー

・・・てことで幸せついでに読書・・・

リヴァイアサンのメモ続き

リヴァイアサン読書メモ1
http://kuzukiria.blog114.fc2.com/blog-entry-160.html

っていうか、メモしないと全部忘れるし、
といってメモとるのは時間かかるけど、まいっかー

第一部(1巻)の人間について、
第2部のコモン-ウェルスについて、までみていきたいけど、
まずは第一部だけでもー

これ、おもしろいし・・・

収録の凡例ー

基本的に、個人的に気になったところ、気に入ったところ
つまり傍線ひいてあるような所をメモしていくので、
客観的(?)な判断で取捨選択はしてなかったり

傍線、ボールドその他も気分的にひきたかったところ、
あと、改行は見やすいように勝手に追加ー

本文にある傍点などは、上記のとまざるから再現してないー

というかんじで、ざっといつもどおり・・・

あとは収録ー



■第一部 人間について


▼第一章 感覚について

※感覚については科学っぽいところはとりあえずスルー

p45

そして、ある一定の距離においては、現実の対象そのものが、それがわれわれのなかに生じさせる想像を、まとっているようにみえるけれども、しかしそれでもなお、対象と影像(イメジ)または想像とは、別のものなのだ。
したがって、あらゆる場合に感覚というものは、(私が述べたように)圧迫によって、すなわち、われわれの目や耳やその他の、それにさだめられた諸機関に対する、外部の事物の運動によって、ひきおこされる、根源的な想像にほかんらない。



▼第二章 造影について

p48

すなわち、対象が除去されたり目がとじられたりしたのちにも、われわれはなお、見られたものの影像(イメジ)を、われわれが見ているときよりもあいまいではあるが、保持するのである。
そして、これは、ラテン人が、見ることにおいて作られる影像から、造影imaginationとよび、同時に、不適当ではあるが他のすべての感覚にも適用するものなのである。
しかし、ギリシャ人はそれを、想像Fancyとよぶのであって、これは現れを意味し、ひとつの……

したがって造影とは、おとろえつつある感覚にほかならず、人々のなかに、そして他のおおくの生きた被造物のなかに、ねむっていても、目覚めていても同様に、見出されるのである。


しかし、われわれの目や耳や他の諸機関が、外部の物体からうけとるおおくの打撃のうちで、優越したものだけが感覚されうるのだから、したがって、太陽の光が優越しているためにわれわれは、星の行為に影響されないのである。
そして何かの対象が、われわれの目から除去されて、それがわれわれのなかにつくった印象はのこっていても、他のもっと現実的な諸対象があとにつづき、われわれに働きかけると、過去についての影像は、はっきり見えなくなり、弱められる。

このことから、ある対象についての視覚すなわち感覚のあとで、時間がたてばたつほど、それについての造影は弱くなる、ということになる。
なぜならば、人間の身体の継続的な変化が、感覚において動かされた諸部分を、しだいに消滅させるからであって、そのために、時間的距離と場所的距離とが、われわれのなかにまったく同一の効果をうむのである。



このおとろえつつある感覚を、われわれがそのものごと自体を表現したいときに(私は想像自体を意味している)、われわれは、私がまえにいったように造影とよぶ。
しかし、われわれがおとろえを表現したいとき、そして感覚が退化しつつあり、ふるく、すぎさったものであることを、あらわそうとするときは、それは記憶とよばれる。


●《記憶》

(※《カッコ》でくくった小見出しがかなりついていて便利。目次の細目にある)

したがって、造影と記憶は、ひとつのものにすぎず、それが、ことなった考察に対して、ことなった名称をもつのである。

  ……


つづくー

 | HOME | 

 

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

[ベケットギャラリー]

(ベケットの戯曲の抜粋ランダム)

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

全ての記事を表示

→全ての記事を表示

最近の記事

『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと⑤
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと④(読書法のこと)
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと③
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと②
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと①
ipodが壊れて買ったにっき
老子の読書めも②
リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)
贈り物には羊羹・贈り物には羊羹・贈り物には羊羹
氷が手に着くのは何でなのかな
ラジオのジャズのこと
リヴァイアサン読書めも1

ブログ内検索

Lc.ツリータグリスト

カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。