kuzukiria_blog(文学的)

読書とか、いろいろなお勉強(byウィキペディア)とか、文章(文学、芸術、哲学)とか・・・


2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラケルススさん読み途中①医学と哲学

1ヶ月記事かいてなくて広告出てたー;;
てことで、なんか記事でもー

最近の読書メモ・・・
途中までだから、ほったらかしてたんだけど
広告でるよかまし

パラケルススさんの、まえがきみたいなところまで読んだ

なんか悪口からはじまってるけど
口が悪くておもしろいー


こんな本ー

奇蹟の医の糧―医学の四つの基礎「哲学・天文学・錬金術・医師倫理」の構想奇蹟の医の糧―医学の四つの基礎「哲学・天文学・錬金術・医師倫理」の構想
(2004/11)
パラケルスス

商品詳細を見る


▼序文
(論敵に対しての非難やあれこれ)
p24

 私は医術の基礎について述べるつもりであるから、その基礎を与えてくれるものを取り上げなければならない。それによって私は、哲学と天文学と錬金術からすべての基礎を受け取り、確立して、その基礎をよりどころとしなければならない。しかし彼らは、この三つの土台を愚弄するものである。

医師は、三つのものに熟練していなければならない。医術の真実はその三つのものにあるからである。

基づいているのは哲学であり、次に天文学であり、最後に錬金術である。

p25
私こそがこの医術の土地の国王であり、この王国を統治する。

黙示書の中でヨハネは、今の君たちほどに奇妙で想像だにしない動物を見たこともなかったからである。君たちの恥はなんと大きなものとなることだろうか。君たちは今まで、病人を治療してその病人から莫大な報酬を受け取り、しかも、薬剤を調製することもできないで、未調製のものを病人たちに与えてきたのだ。明らかに、君たちは、そういったもので多くの病人たちを絞殺してきた。

見るに哀れな人々を前にして六日間も本を読んでいるとは。この恥知らず。この夢想家ども。
 君たちは、この序文を阻んではならず、嫌ってはならない。ライプチヒの連中のためにはスープを塩味にして、それを塩と一緒に癒瘡木のところに置いておこうと思う。

※注のまとめー
癒瘡木は当時梅毒を治す薬だとされていてパラケルススは著書でそれを否定した。その輸入の利権にライプチヒ大学医学部が関与していて、印刷禁止権を持っていたとか。



▼第一巻 医学第一の基礎──哲学

 医術の基礎は哲学にある。

 ところで、哲学とは本来、次のような在り方をする。病気の種類・素材・特性、これらのすべての本質もことごとく、他の学芸からではなく哲学から、つまり、ただひたすら哲学からのみ理解される、というような在り方である。


さて、自然が医薬を与えてくれるかぎり、自然は病人を認識し熟知しているにちがいない。認識がなければ自然は病人に何も与えることができないからである。認識が行われるのは、医師においてではなく自然においてなのである。

病気は自然に由来し、医術も自然に由来する。が、医師には由来しない。

自然が医師に何も教えてくれなければ、医師は何もできず何も知らない。というのも、自然のあるところに、医術と病気があり、自然そのものに特有の医師がいるからである。

彼らが私の哲学に対抗できるほどの何かをもっているということは、いくら何でもあり得ないであろう。

それゆえ私の哲学は、彼らによっても用いられないし、彼ら以外の愚か者によっても用いられることはない。


▼第二章 哲学と思弁

まず第一に医師は、天と地を素材・種類・本質において知らなければならない。これに精通することで、彼は、医術の中に足を踏み入れることができる。

さて、私たちの対立と抗争は次の点にある。私の反対者は思弁を試みるが、私は自然からの教えを説く。思弁とは空想のことであり、空想は夢想家をつくる。


今は他の本読んでるので、途中なんだけど・・・

パラケルススは、錬金術で有名な
だいたいルネサンスのころの医者とか





 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

[ベケットギャラリー]

(ベケットの戯曲の抜粋ランダム)

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

全ての記事を表示

→全ての記事を表示

最近の記事

『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと⑤
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと④(読書法のこと)
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと③
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと②
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと①
ipodが壊れて買ったにっき
老子の読書めも②
リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)
贈り物には羊羹・贈り物には羊羹・贈り物には羊羹
氷が手に着くのは何でなのかな
ラジオのジャズのこと
リヴァイアサン読書めも1

ブログ内検索

Lc.ツリータグリスト

カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。