kuzukiria_blog(文学的)

読書とか、いろいろなお勉強(byウィキペディア)とか、文章(文学、芸術、哲学)とか・・・


2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『三国志演義』~魏延様でヒュブリスを考える

というわけで『三国志演義』をひっぱりだしてみました
付箋がついています
だいぶ昔に読んだものなのでどんな付箋なのか思い出せなかったけど
付箋の目的ははっきりしていて
魏延の箇所ばかりヽ(´ー`)ノ



というわけで魏延さんの箇所を収録と
少し考察してみることにしました
それとヒュブリス(傲慢、不遜)について・・・

ヒュブリス(hubris)
──傲慢、不遜、思い上がり、神を神と思わないこと
(古代ギリシャにおいて悪徳とされたもの)



テキストは次の本です
2冊ですむけど、A5で大きくて本棚を選びます

三国志演義 上 (1) 三国志演義 上 (1)
立間 祥介 (2000)
平凡社

この商品の詳細を見る


三国志演義 (下) 三国志演義 (下)
羅 貫中、立間 祥介 他 (2000)
平凡社

この商品の詳細を見る



ヽ(´ー`)ノ

三国志は名前を出すのが大変です
ここから適当に辞書登録・・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7

まずは有名な死に様から・・・

下巻
第105回

p388

姜維が槍を小脇に門旗の下に馬を立て、
「逆賊魏延、今さら背くとは、丞相のご恩を忘れたのか」
 と大音に呼ばわれば、魏延は薙刀をひっさげ馬を止めて、
「伯約、貴様では話にならぬ、楊儀を出せ」
 楊儀が門旗のかげで袋を開いてみれば、かくかくと書かれている。楊儀はいたく喜び、鎧もつけずに馬を陣頭に乗り出だすと、魏延を指さして笑い、
「丞相にはご存世のみぎりより、とうに貴様が背くことを見越されて、わしに用心するように申されておったが、今日、果たしてそのとおりとなったな。貴様に、そこで『おれを殺す者があるか』と三声叫ぶことができたなら、まこと男じゃ。わしはこの漢中の城を明け渡してやる」
 魏延はからからと笑って、
「下郎めが、よいか、孔明がおらば、わしも三分がほどは遠慮もしようが、彼も死んだ今は、天下にわしにかなう者はおらぬ。三声はおろか、三万回でも叫んでやるわ」
 と薙刀小脇に、手綱をひかえ、馬上で声高らかに、
「俺を殺す者がおるか」
 と叫ぶ。その言も終らぬうち、うしろで一人、
「わしが殺してやる」
 と大喝一声するや、薙刀一閃、魏延を切り落とした。一同、あっと仰天したが、魏延を切ったのは、これぞ馬岱である。もともと孔明は臨終の時、馬岱に計を授け、魏延が叫んだ時に不意打ちに斬り棄てるよう命じておいたもの。この日、楊儀は錦の袋によって、計略どおりにしたところ、果たして魏延は殺されたのであった。後の人の詩に、

諸葛が先機 魏延を識り
すでにして知れり 日後西川に背かんこと
錦嚢の遺計 人料り難く
却って見る 成功の馬前に在るを



ヽ(´ー`)ノ

魏延さんの最期はこんな感じです
魏延さんは最後まで元気な人でした
その倨傲さと、死に方のはかなさが哀愁を感じさせます

他にもいろいろ

魏延さんの見た夢・・・

第一〇四回
p381

(孔明死後)

 さて、魏延は己の陣屋にあって、夜、頭にとつぜん二本の角が生えた夢を見、目が覚めてからもはなはだ不審に思っていた。と、あくる日、行軍司馬趙直が来たので、請じいれて尋ねた。
「貴公が『易』に通じておられるのはかねがね聞いておったが、わしは昨夜の夢に、頭に二本の角が生えるのを見た。これは、吉兆であろうか、それとも凶兆であろうか。ひとつ占ってもらいたい」
 趙直はしばらく考えていて、
「これは大吉の兆でござる。麒麟の頭には角があり、蒼龍の頭にも角がある。すなわち環境が一変して大きく飛躍する兆でござる」
「もしそのとおりとなったら厚くお礼をしようぞ」

……

(費文偉とお話、ひいのイは出ない)

「ただいま魏文長の陣屋に参りましたところ、頭に角の生えた夢を見たので吉凶を占うようとのこと。これは吉兆ではござりませぬが、あからさまに言っては不審を抱かれると思ったので、麒麟・蒼龍にこじつけて取り繕って参りました」
「どうしてそれが吉兆でないと分かるのか」
「角という字は刀の下に用うと書きます。頭の上に角があるとは、この上ない凶兆でござります



ヽ(´ー`)ノ
魏延さんはこんな夢を見ました
いばりたがりだと本当のことを言って貰えないようです
魏延さんが吉兆ときいて大喜びをしていた裏では
こんな事情があったのでした・・・

彼の性格はとても傲慢だったようです

孔明さんの評とかは今回はおいといて
この彼の死直前のころの箇所から
魏延評をいろいろ・・・

第一〇五回
p386

(呉大后の評)
「孔明殿は魏延の頭のうしろに謀反の骨相があるのを知って、つねづね斬ろうと思っておられたが、その武勇を惜しんで、しばらく使っておられた由、先帝陛下よりよくお伺いいたしておりました。……」

(蒋えんの評)
「魏延は日頃から己の功を恃んで人をあなどり、人もまた彼に遜(へりくだ)っておりましたが、楊儀だけはついぞさようなことをいたさなかったので、魏延はつねづね恨みとしておりました。……」

(董允の評)
「魏延は日頃から己の功名を鼻にかけて不平の心を持ち、それを口にも出しておりました。これまで謀反いたさなかったのは、丞相がおられたればこそでござります。……」



ヽ(´ー`)ノ

孔明死後、魏延と楊儀の不仲で殺伐とするのですが
誰も魏延さんの味方をしません・・・
人望がないですね・・・

魏延さんの不幸な場面ばかり出してもなんなので
彼の活躍した場面も書くことにします

ここは、孔明の魏延に対する考えもよくあらわれた場面だけど・・・

第一〇三回
p370

(ころ谷に司馬懿を追いつめて、火計という孔明の策略の場面)

魏延は谷の前で司馬懿のくるのを今やおそしと待ち受けていたところ、一手の魏の軍勢が馳せ向かってくるのが見えたので、馬を躍らせて進み出れば、まさしく司馬懿。
「司馬懿、そこ動くな」
 と大喝一声、薙刀を揮って迎え撃てば、司馬懿も槍をしごいて渡り合う。

(この後魏延は火計のところへ司馬懿をさそいこむ。
 でも雨で計略はおしゃか。
 この孔明の計略は、ついでに魏延も焼き殺す予定だった)



ヽ(´ー`)ノ

魏延の嫌われっぷりも異常です
というか、魏延さんのお墓、現代でもなんか
鉄道をしくために壊されてそのままとか?

ウィキペディアから魏延さん

▼魏延
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%8F%E5%BB%B6

魏延(ぎえん、? - 234年)は、字(あざな)は文長(ぶんちょう)で、義陽郡の人。中国三国時代の蜀漢の武将。劉備の荊州時代以来の配下。

経歴と生涯

劉備軍の猛将
出自については不明だが、楊儀に「庸奴」と罵られていることから、元は低い身分の出身の人物であったのではないかと推測されることもある。勇猛果敢で統率力があったために劉備から重用された。211年の蜀入りの際には、劉備軍に随行し一隊長を努めてたびたび戦功を立てたので、その功績で、牙門将軍に昇進した。

219年、漢中王に即位した劉備が成都に帰還する際、漢中の地を要害とした。人々は重鎮の張飛が起用されるであろうと思っていたが、予想に反して劉備は魏延を督漢中・鎮遠将軍に抜擢し、漢中太守を兼務させた。魏延が漢中太守に拝命された時の抱負として「曹操が天下の兵をめて攻め寄せてきたならば、国家のためにこれを防ぎ、その将軍が十万の兵で攻めて来たならば、これを壊滅する所存でございます」と語ったという。このように魏延は劉備からの信頼が篤かったことが窺える。

221年、劉備が皇帝に即位すると、鎮北将軍に昇進した。


諸葛亮・楊儀との確執
223年、劉備が死去し、丞相である諸葛亮が蜀の全権を握った後も、引き続き重用された。

227年、第一次北伐のため諸葛亮が漢中に入ると、魏延は督前部(前線部隊司令)となり、更には丞相司馬・涼州刺史に任命された。

230年には羌中で魏の将軍、費耀・郭淮を打ち破るなどの功績を挙げている。その功績で、前軍師・征西大将軍・仮節に昇進し、南鄭侯に封じられた。

このように重用されていたにもかかわらず、諸葛亮と魏延とはしばしば対立していた。魏延は北伐において常々、軍勢一万を率いて山道づたいに進み、潼関にて諸葛亮と落ち合う作戦を採りたいと考えていた。しかし諸葛亮はこれを許可しなかったので、魏延は諸葛亮が臆病な故に自分の才能が発揮できないのだ、と嘆いていた。

また一方で、魏延は勇猛で誇り高く、他の諸将は彼を敬遠していたのだが、諸葛亮の有力な幕僚である楊儀だけは公然と手向かった。そのため楊儀との間の仲は特に悪く、軍議の席で言い争いになると、魏延は楊儀に剣を突きつけ、楊儀が泣くということもあったという。これは魏延の武勇・楊儀の才幹、いずれも高く評価していた諸葛亮にとって頭痛の種であった。


諸葛亮の死と謀反
234年、諸葛亮は再び北伐に出陣し、魏延が先鋒となった。魏延は諸葛亮の軍営から10里(約5㎞)のところにいたが、ある日自らの頭に角が生えるという夢に悩み、趙直という人物に相談した。趙直はごまかして「麒麟は角を持っているが用いることはありません。これは、戦わずして賊軍が自壊する象徴であります」と言ったが、魏延が退座すると、近くの者に本当の占いの結果を漏らした。「角という字は刀の下に用いると書く。頭の上に刀が用いられるのだから、その不吉さは大変なものだ(つまり魏延の首が落とされるという暗示)」。(『三国志演義』では、諸葛亮が死去した日に見た夢として、さらに趙直が真意を打ち明けた相手を費?に特定することで、物語の伏線として盛り上げている。)

諸葛亮は布陣した五丈原で病に倒れると、内密に楊儀・費?・姜維らを呼び寄せ、自分が死んだら全軍撤退するように命じた。そして撤退する際にあたっては、魏延に敵の追撃を断たせ、もし彼が命令に従わなければ、かまわず軍を進発させよと彼らに指示している。諸葛亮が病死すると、楊儀は費?に頼んで、魏延の意向を探らせた。魏延は自分が指揮官となって北伐を継続するよう主張し、楊儀の指揮下に入ることを拒否したので、楊儀らは予定通り魏延を置き去りにして撤退を開始した。魏延は怒り、楊儀が戻れないよう先回りして橋を焼き落とした。さらに、楊儀が反逆したと劉禅に上奏したが、楊儀も魏延が反逆したと上奏した。相反する二つの上奏を受けた劉禅は、どちらが正しいかを董允と蒋?に問うた。二人はいずれも楊儀の肩を持ち、魏延を疑った。楊儀は王平を先鋒にして魏延に当たらせ、王平が魏延の兵士に向かって「公(諸葛亮)が亡くなり、その身もまだ冷たくならないうちに、お前たちは何故こんな事をしようとするのか!」と一喝すると、魏延の兵士たちは、彼を見捨ててことごとく逃げ去った。取り残された魏延は息子たち数人と漢中に出奔したが、楊儀は馬岱に追跡させ、魏延父子を斬り殺させた。魏延の首が楊儀の元に届いた時、楊儀は、「愚か者め、もう一度悪さをやれるならやってみろ」と言って首を踏みつけたという。こうして魏延の三族は処刑された。


陳寿の評
陳寿の考察によると、「魏延が北へ行って魏に降伏せず、南に帰ったのは、政敵の楊儀を殺そうとしたためである。そうすれば、普段は自分に不同意だった諸将も、諸葛亮の後継者として自分を望むようになるに違いないと期待していた。魏延の本心は以上であって、謀反を起こそうとしたのではない」という。また一方で、その死については「災いを招き咎を受けることになったのは、自らの責任でないとはいえない」とも評している。


三国志演義

魏延の登場
『三国志演義』では、魏延は初めは荊州の劉表配下の親劉備派の将軍として登場する。劉表の死後、新野に攻め寄せた曹操軍の大軍から逃れるために民を引き連れた劉備軍が襄陽の城に現れた時に、既に曹操に降伏した蔡瑁らが突然劉備軍に目掛けて弓を引いて攻撃した。それに怒った魏延が蔡瑁に対して反乱を起こしたものの、混乱を避けるため劉備軍が江陵に落ちていったため、魏延はその時点では劉備と合流することはならなかった。


諸葛亮との因縁
その後長沙太守・韓玄を頼り、魏延はその配下となっていた。赤壁の戦いに勝利した劉備が荊州の南4郡を攻撃し、韓玄もその対象となり、劉備の命令を受けた関羽が侵攻してくる。それを迎え撃った同僚の黄忠が関羽との内通を疑われ韓玄に処刑されそうになったときに、魏延は民や兵士を扇動し共に反乱を起こして韓玄を斬り、城を開け降伏した。その後、降参し劉備と対面した際、その時の行動(主君を裏切る行動)に対して、諸葛亮は「反骨の相」があると言い、魏延を斬るように進言するエピソードが設けられ、後々の因縁の伏線となっている。その際は劉備が取り成したために斬られずに済んだが、それからも諸葛亮はしばしば彼を亡き者にしようと進言する。

北伐の中、五丈原の戦い前後においては、おおむね正史と同じような展開で物語は進行するが、以下のような逸話が挿入されている。諸葛亮は病で倒れ、自分の寿命があと少しで尽きると知り、寿命を延ばすための祈祷を始めた。それを察した司馬懿は祈祷を止めるために戦を仕掛ける。魏延は祈祷の事を全く知らなかったため、諸葛亮の所へ乗り込んで魏軍が攻め込んできたことを伝えようとした。その時に祭壇を荒らしてしまい諸葛亮の祈祷は失敗する。祈祷に参加していた姜維が魏延を斬ろうとするが、諸葛亮は「これは天命なのだ」と言い諦めてしまう。その後攻め込んできた魏軍は魏延によって撃退された。


演義における魏延の人物描写
北伐において王双を討ち取り、また街亭の戦いでは、敗走する馬謖を助け蜀軍の被害の拡大を食い止める活躍をみせるなど、勇猛で有能な将軍であると描かれる一方、別の場面では陳式とお互いに讒言しあうなど、やや性格に問題のある人物として描かれている。正史において陳寿も魏延の冤罪を指摘していながら、人物評では「自分の責任でないとは言えない」と手厳しい評価が下されており、その部分が『三国志演義』では着目され、拡大されたようである。


演義における楊儀との関係
諸葛亮の死後、その後の対処をめぐってその他の将軍、楊儀と対立した。成都に使者を立てて楊儀とお互いを謀反人であると上奏したが、魏延は常々諸葛亮と反発していたこともあって朝廷から信頼されず、謀反人であるとされた。王平らが率いる軍にも攻め立てられて(その際に魏延の配下の将兵はほとんど離散した。)、ついには南鄭城門前に追い詰められることとなった。最期は、偽って魏延の味方をしていた馬岱に斬られたが、これは生前の諸葛亮の策であった。この部分は、正史に採用された逸話をなぞりつつ、魏延の最期をよりドラマチックな形で演出する手法がとられている。

演義においては、正史にあるような、諸葛亮の生前における楊儀との対立についてはあまり触れられていない。また、正史において、孫権が魏延と楊儀に対する評価を諸葛亮に伝える逸話があるが、演義においては魏延に対する評価の部分のみが採用されている。これは、諸葛亮の後継者としての姜維の存在感を強調するため、楊儀についての叙述は控えめにされていることの他に、演義の筆者が諸葛亮と魏延との因縁を強調することを物語上優先させたためと思われる。


後世への影響
謀反人として生涯を終えたことと、演義において諸葛亮との関係で貶められたこともあって、魏延は中国では尋常でないほど嫌われており(楊尚昆を参照)、彼の廟があった所に鉄道を開通させた際には、移築されずに取り壊された。

反面、日本での魏延は自分を重用してくれた劉備に対し忠義を貫いていたものの、諸葛亮ら文官と剃りが合わなかったために、最後は冤罪で殺されてしまった悲劇の将として描かれることが多い。

▼『三国志演義』に於ける馬岱
『三国志演義』に於いては脇役ではあるものの良い活躍をする人物となっている。

曹操の馬騰謀殺の時に後陣の馬岱は命辛々生き残り、馬騰・馬鉄・馬休の討死の報を馬超に告げる。それからは馬超・韓遂と共に行動し、反乱をおこすが、賈?の離間の策にあい、馬超と共に羌族の地に逃れた。

それからも馬超と共に行動し、張魯のもとに身を寄せた後、劉備に仕える。それからは平北将軍となり諸葛亮にしたがって南征、北伐の助けをし、蜀の忠臣として仕えた。

北伐時に諸葛亮が火計で司馬懿もろとも魏延を排除しようとしたが、運悪く魏延には火計がかからずに策が失敗した諸葛亮が次の策として、火計を指揮していた馬岱を苦肉の策を使い魏延配下とさせる。

そして諸葛亮の死後、魏延が反乱を起こす事を先んじて見抜いていた諸葛亮により策を与えられていた馬岱は、魏延に気に入られるように努めて魏延と共に反乱を起こし、魏延が魏に降らないように監視をし、さらに魏延が楊儀と口論した際に「わしを殺せる者があるか!!」と豪語したところ、「ここにいるぞ!」と言い、魏延を斬った。馬岱は諸葛亮に魏延が「俺を殺せる者はおるか!!」と言った所を斬るように命じられていた。馬岱は魏延の爵位をすべて譲り受け、忠臣ということを認めさせた。



ヽ(´ー`)ノ

ギリシャにおいてヒュブリスは嫌われました
聖書の神も嫉妬深い神でした

http://kuzukiria.blog114.fc2.com/blog-entry-6.html

「十戒」では

3:出エジプト記 / 20章 3節
あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない。



といっています

ギリシャ悲劇、ソフォクレス『ピロクテテス』を見てみます

さんざんな目にあっているピロクテテスに対して
ネオプトレモスは次のようにいいます
さらにヘラクレスまで(もう死んでる)登場して
彼は有名な「機械仕掛けの神」として登場し
ピロクテテスに、従え、と命じます

ネオプトレモス
人間は神のさだめに堪えねばならぬ、これは必然のことわりだ。しかしいまのあなたは、われとわが手で災難をまねき、それに身を任せている人間だ。それでは人の同情や憐れみを、期待するほうがまちがっている。

449
ヘラクレス
予は 汝にゼウスの御心をつたえ、
汝の道をあらためんがために
大空の座をあとにして、ここにあらわれた。
こころして、予の言葉をきけ。

まず、予の運命の試練をいって聞かせよう。予がどれほどの苦しみにたえ、困難にうちかって、いいまそなたの眼にうつる、不死のアレテの主となったか。よく思うがよい、そなたにしても同じことだ。苦悩に満ちたけわしい運命は、苦しみぬいた生涯のはてを、栄えあるものとするために、神が与えた賜物だ。
 行け、この若者とともに、トロイアの城へ。……



ヽ(´ー`)ノ

ピロクテテスとかこの辺についてはまた今度ー


 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

[ベケットギャラリー]

(ベケットの戯曲の抜粋ランダム)

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

全ての記事を表示

→全ての記事を表示

最近の記事

『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと⑤
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと④(読書法のこと)
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと③
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと②
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと①
ipodが壊れて買ったにっき
老子の読書めも②
リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)
贈り物には羊羹・贈り物には羊羹・贈り物には羊羹
氷が手に着くのは何でなのかな
ラジオのジャズのこと
リヴァイアサン読書めも1

ブログ内検索

Lc.ツリータグリスト

カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。