kuzukiria_blog(文学的)

読書とか、いろいろなお勉強(byウィキペディア)とか、文章(文学、芸術、哲学)とか・・・


2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使と戦う人~旧約聖書のヤコブ

カタカナはとかく、うろおぼえになりがち・・・
さすがに、キリストとマリアの区別くらいはつくけど
旧約聖書の人とか、特徴がよっぽどないと
記憶がめちゃくちゃ・・・

それでも最近はねっとで調べれば見当はつくからいいなあ

天使とすもうとった人だれだっけとかいって
それで検索すれば、なんとなくヒントでてくるし・・・

天使と格闘したのは、「ヤコブ」

ここまでは調べがつかないと、ウィキペディアに辿り着けないし・・・

でウィキペディア様・・・

▼ヤコブ (旧約聖書)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%B3%E3%83%96_(%E6%97%A7%E7%B4%84%E8%81%96%E6%9B%B8)

ヤコブ(英語:Jacob、ヘブライ語: יעקב‎, Ya'akov, Ya‘aqôbh, ヤアコーブ、アラビア語: يعقوب‎, Ya‘qūb ヤアクーブ)は、旧約聖書の創世記に登場するヘブライ人の族長。別名をイスラエル (ישראל, Israel) といい、イスラエルの民すなわちユダヤ人はみなヤコブの子孫を称する。

[編集] 聖書におけるヤコブ

『創世記』によると、父はイサク(イツハク)、母はリベカ、祖父は太祖アブラハム。

ヤコブは兄エサウを出し抜いて長子の祝福を得たため、兄から命を狙われることになって逃亡する。逃亡の途上、天国に上る階段の夢(ジェイコブズ・ラダー〈Jacob's ladder〉という言葉の由来)を見て、自分の子孫が偉大な民族になるという神の約束を受ける。ハランにすむ伯父ラバンのもとに身を寄せ、やがて財産を築いて独立する。

兄エサウとの和解を志し、会いに行く途中、ヤボク川の渡し(後に彼がペヌエルと名付けた場所)で神と格闘したことから神の勝者を意味する「イスラエル」(「イシャラー(勝つ者)」「エル(神)」の複合名詞)の名を与えられる。これが後のイスラエルの国名の由来となった。

レア、ラケル、ビルハ、ジルパという4人の妻との間に娘と12人の息子をもうけた。その息子たちがイスラエル十二部族の祖となったとされている。 晩年、寵愛した息子のヨセフが行方不明になって悲嘆にくれるが、数奇な人生を送ってエジプトでファラオの宰相となっていたヨセフとの再会を遂げ、やがて一族をあげてエジプトに移住した。 エジプトで生涯を終えたヤコブは遺言によって故郷カナン地方のマクペラの畑の洞穴に葬られた。


あ、階段の夢もこの人だった

階段の夢と、天使と格闘と、
どっちのエピソードも印象的で好きだったり・・・

で、イスラエルの祖先かあ・・・





 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

[ベケットギャラリー]

(ベケットの戯曲の抜粋ランダム)

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

全ての記事を表示

→全ての記事を表示

最近の記事

『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと⑤
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと④(読書法のこと)
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと③
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと②
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと①
ipodが壊れて買ったにっき
老子の読書めも②
リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)
贈り物には羊羹・贈り物には羊羹・贈り物には羊羹
氷が手に着くのは何でなのかな
ラジオのジャズのこと
リヴァイアサン読書めも1

ブログ内検索

Lc.ツリータグリスト

カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。