kuzukiria_blog(文学的)

読書とか、いろいろなお勉強(byウィキペディア)とか、文章(文学、芸術、哲学)とか・・・


2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中島敦「悟浄出世」の読書メモ~一つの継続した我とは?

なんとなく、中島敦
というか、以前自分が見つけて収録したものだけれど
まったく記憶にのこってないとかヽ(´ー`)ノ

この素敵な知力はいつものことだけど、
それ自体が、このことについて関係するようなものともいえそうなので
みてみることにー

横山大観生々流転橋のs.jpg
中島敦は結構好きだけど、教養低いから読みづらいー

で、今回のは、青空文庫にあるこれ

途中にあるこの辺ー

▼悟浄出世
中島敦

http://www.aozora.gr.jp/cards/000119/files/2521_14527.html

 賢人(けんじん)たちの説くところはあまりにもまちまちで、渠(かれ)はまったく何を信じていいやら解らなかった。
「我とはなんですか?」という渠の問いに対して、一人の賢者はこういった。「まず吼(ほ)えてみろ。ブウと鳴くようならお前は豚じゃ。ギャアと鳴くようなら鵝鳥(がちょう)じゃ」と。他の賢者はこう教えた。「自己とはなんぞやとむりに言い表わそうとさえしなければ、自己を知るのは比較的困難ではない」と。また、曰(いわ)く「眼は一切を見るが、みずからを見ることができない。我とは所詮(しょせん)、我の知る能(あた)わざるものだ」と。
 別の賢者は説いた、「我はいつも我だ。我の現在の意識の生ずる以前の・無限の時を通じて我といっていたものがあった。(それを誰も今は、記憶していないが)それがつまり今の我になったのだ。現在の我の意識が亡(ほろ)びたのちの無限の時を通じて、また、我というものがあるだろう。それを今、誰も予見することができず、またそのときになれば、現在の我の意識のことを全然忘れているに違いないが」と。
 次のように言った男もあった。「一つの継続した我とはなんだ? それは記憶の影の堆積(たいせき)だよ」と。この男はまた悟浄にこう教えてくれた。「記憶の喪失ということが、俺(おれ)たちの毎日していることの全部だ。忘れてしまっていることを忘れてしまっているゆえ、いろんなことが新しく感じられるんだが、実は、あれは、俺たちが何もかも徹底的に忘れちまうからのことなんだ。昨日のことどころか、一瞬間前のことをも、つまりそのときの知覚、そのときの感情をも何もかも次の瞬間には忘れちまってるんだ。それらの、ほんの僅(わず)か一部の、朧(おぼろ)げな複製があとに残るにすぎないんだ。だから、悟浄よ、現在の瞬間てやつは、なんと、たいしたものじゃないか」と。


青空文庫だと見つけてもこぴぺですむから
キーボードで打ち込むより(手書きだともっといいんだろうけど
再利用も兼ねればテキストにするのがバランスいいんじゃないかな)
記憶に残りづらいのかも

自己、記憶──とか

現在の関心事に関わりあることをいってるので
興味深いー

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

[ベケットギャラリー]

(ベケットの戯曲の抜粋ランダム)

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

全ての記事を表示

→全ての記事を表示

最近の記事

『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと⑤
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと④(読書法のこと)
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと③
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと②
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと①
ipodが壊れて買ったにっき
老子の読書めも②
リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)
贈り物には羊羹・贈り物には羊羹・贈り物には羊羹
氷が手に着くのは何でなのかな
ラジオのジャズのこと
リヴァイアサン読書めも1

ブログ内検索

Lc.ツリータグリスト

カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。