kuzukiria_blog(文学的)

読書とか、いろいろなお勉強(byウィキペディア)とか、文章(文学、芸術、哲学)とか・・・


2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たわいないor他愛ない?~正しい言葉とは何か?

たとえば、「雰囲気」みたいに
うろ覚えの読み方が、正確とはいえない読み方だったりすることはいろいろ

といって、それを、「正しい」「嘘の」の両極に分類するのは
それはまた、言葉自体の性質から考えると、浅薄ではあるかも

雰囲気、巣窟、あと有名なのなんだっけ・・・

そういえば、うろ覚えも、「うる覚え」っていう人がいるらしい??

で、なぜそんなことを考えたかというと・・・

特に何も考えずに「たわいない」と書いたんだけど
後で見直したとき「他愛ない」という表記を思い出したり

で、「他愛ない」ということはつまり、「たあいない」ではないか
漢字表記があるなら、こっちのほうが正しいのではないか?
と、不安になったり・・・

で、gooの辞書をさっきひいたら・・・

▼goo辞書
 http://dictionary.goo.ne.jp/

たあいな・い 【他愛ない】
  (形)
  〔「たわいない」の転。「他愛」は当て字〕
  「たわいない」に同じ。

たわいな・い 4 【たわい無い】
  (形)[文]ク たわいな・し
  〔近世以降の語。「たあいない」とも〕
  (1)しっかりしたところがない。(幼くて)思慮分別がない。
  (2)手ごたえがない。張り合いがない。
  (3)取るにたりない。とりとめもない。
  (4)酒に酔って正体がない。


というわけで、「たわいない」のほうがもともとで
「他愛ない」は転用、当て字だったー

と言うわけで、一安心・・・

▼正しい???

正しい、正しくないの判断は曖昧
それは言葉自体が流動的(古文と現代語の違いを見れば明らか)
なことに起因するものだけど・・・

教科書=正しいことが書かれているもの
あるいは
正しいことが書かれている教科書のような存在がある
──みたいな考え方の人、けっこういるし・・・
ほとんど十戒の石版とかみたいだけど

正しい──という表現は、正しい基準や法則自体が明確に存在しない以上
避けるほうが適切、ということかなあ

それはそれとして・・・

なら、文章に、その正しいか微妙な部類の言葉を使ってかまわないか
となるとまた別かも

▼正しい表現の便宜的分類

あ、正しい表現については、便宜的な分類はできるかも

1000年単位でみればこれもあくまで、現代における便宜的な分類
になるだろうけど・・・

①正しい表現

 例)「正しい」を「ただしい」と読み「せいしい」と読まないこと

②現代の教養的に正しい表現

 例)「雰囲気」は「ふんいき」と読み「ふいんき」と読まない

③かつて正しく今も正しいかもしれない表現

 例)×大盤振る舞い ○椀飯振る舞い

④かつて正しく今は古典として別に分類される表現

 例)古語の「あはれ」と現代の「あわれ」

⑤古語・死語

 例)古語辞典に載っていて現代の国語事典にのってない言葉


分類とか楽しいー

ついでに収集したりすると、なかなか有益に?

さて、以上にあげた表現は、一応どれも条件付きで「正しい表現」
に入る
間違った表現は、これらの反対のものを指すものであり
これらのどれかに当てはまるものは
一概に間違った表現とはいえない

では、どれを使っても正しい表現となるのか、というと
そういうわけでもない

使う場面や文脈によって異なるはず

たとえば、先ほどの分類の③によると正しいとはいえない表現になるはずの
「大盤振る舞い」だけれども、これはほとんど現在は慣用されているはず
むしろ、昔は椀飯振る舞いといった、というほうが現状かも

このレベルの正しさにこだわるのは、言葉に詳しかったり厳密だったり
そういうこだわりのある文章を書く場合に限られるかと

②のレベルはどうか?
言葉にする場合、「ふいんき」という人は多いような気がするけどどうか?
まあ学者の人とかが調査してるといいなー、というかんじだけど

そしてこれも厳密に間違いとはいいきれない状況もあるのではないか?

たとえば、教養が高くない人の、日常会話など
語彙が豊富だったり、すべての日本語の使い方が正確だったりするほうが
不自然だったりする場合もあるかと

「えー、ふいんきいいよねー」みたいな

小説や漫画などで、一律に正しい日本語にこだわると
不自然な会話をすることになったりするかも

一方で、小説ではあっても、たとえば時代小説などで
それなりに格調ある風情を目指しているらしいのに
「なかなかに、ふいんきのよろしくない茶店といってよいであろう。」
みたいな表現のなかで「ふいんき」といっては、台無しなので
この場合は間違いといっていいかな

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

[ベケットギャラリー]

(ベケットの戯曲の抜粋ランダム)

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

全ての記事を表示

→全ての記事を表示

最近の記事

『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと⑤
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと④(読書法のこと)
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと③
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと②
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと①
ipodが壊れて買ったにっき
老子の読書めも②
リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)
贈り物には羊羹・贈り物には羊羹・贈り物には羊羹
氷が手に着くのは何でなのかな
ラジオのジャズのこと
リヴァイアサン読書めも1

ブログ内検索

Lc.ツリータグリスト

カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。