kuzukiria_blog(文学的)

読書とか、いろいろなお勉強(byウィキペディア)とか、文章(文学、芸術、哲学)とか・・・


2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオのジャズのこと

新しいPC届いたー
インストールとかのバーを眺めるのにはあきたー

新環境だったので、Windowsメディアプレーヤーで音楽きいてるけど
ラジオ、いいなあ・・・

曲名がわからなかったので、サイトのほういってみた

JAZZRADIO.com - enjoy great jazz music
http://www.jazzradio.com/


いいなーヽ(´ー`)ノ

おしまい

続きを読む »

スポンサーサイト

フィリップ・グラスのCDほしいけど・・・

最近いろいろCDかったけど・・・

届いたばっかりのCDが2枚手元にあって
まだちゃんと聞いてないCDも2枚くらい手元にあって

それで次に10枚組を注文するのは
微妙なんじゃないかなーと思ったり・・・

続きを読む »

ヘンデル「サラバンデ」のこと

キューブリックの「バリー・リンドン」綺麗で音楽がいい
この監督で一番好きな映画だけど・・・

どこかで書いた気がするけど、なんか忘れた
同じ事を何度も繰り返すのも、
コヘレトの言葉っぽいことで、まあいいや・・・

▼伝道の書 1
(旧約聖書)

:9
  先にあったことは、また後にもある、
  先になされた事は、また後にもなされる、
  日の下には新しいものはない。


で、その最初の音楽が好きだけど名前わかったー
というわけでこんなの



Sarabande


G. F. Handel Sarabande




サラバンデっていって、ヘンデル作曲でした

▼ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Händel 1685年2月23日 - 1759年4月14日)は、ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。

[編集] 生涯
大バッハと並ぶバロック音楽最大の作曲家とされ、「音楽の母」というキャッチフレーズが添えられることもある。

作品について
大バッハが主として教会の礼拝で用いる音楽(教会音楽)で活躍したのに対し、ヘンデルはオペラや(劇場用の)オラトリオなど、劇場用の音楽で本領を発揮した。

(抄出)


で、サラバンデはここにはのってない
っていうか曲名?はむずかしいな・・・

サラバンデという種類の曲だからサラバンデっぽくて
日本語版にはないー

▼Sarabande
From Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Sarabande

In music, the sarabande (It., sarabanda) is a dance in triple metre. The second and third beats of each measure are often tied, giving the dance a distinctive rhythm of quarter and half notes in alternation. The half notes are said to have corresponded with dragging steps in the dance.

The sarabande is first mentioned in Central America: in 1539, a dance called a zarabanda is mentioned in a poem written in Panama by Fernando Guzmán Mexía.[1] Apparently the dance became popular in the Spanish colonies before moving back across the Atlantic to Spain. While it was banned in Spain in 1583 for its obscenity, it was frequently cited in literature of the period (for instance in works by Cervantes and Lope de Vega).

Later, it became a traditional movement of the suite during the baroque period, usually coming directly after the Courante. The baroque sarabande is commonly a slow triple rather than the much faster Spanish original, consistent with the courtly European interpretations of many Latin dances. This slower, less spirited interpretation of the dance form was codified in the writings of various 18th century musicologists; Johann Gottfried Walther wrote in his Musicalisches Lexicon (Leipzig, 1723) that the sarabande is "a grave,...somewhat short melody," and Johann Mattheson likewise wrote in Der Vollkommene Capellmeister (Hamburg, 1739) that the sarabande "expresses no passion other than reverence" [2].

The sarabande form was revived in the 20th Century by composers such as Debussy, Satie and, in a different style, Vaughan Williams (in Job) and Benjamin Britten (in the Simple Symphony).

[edit] Film
Stanley Kubrick and Brian De Palma prominently featured a sarabande by George Frideric Handel in the soundtracks to their films Barry Lyndon and Redacted respectively. [3] In direct reference to Barry Lyndon, Michael Winterbottom included this sarabande in A Cock and Bull Story in a new arrangement by Michael Nyman.


この曲のイメージからは意外だけど、
踊りの曲で大航海時代のカリブとかスペインとかが元だったり?

やたら荘厳なかんじになってるけど
音楽の雰囲気ってちょっとしたことで変わりやすいと言うことかも






メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ホ短調Op.64のこと

なんとなくBGMにきいてる音楽のことー

BGMなしだとなにも作業できない体質
というか一つのことだけに集中がほぼ不可能だったり

というわけでBGMをちゃかちゃかかえたり探したりー

というわけで今日はこれー

メンデルスゾーン : ヴァイオリン協奏曲ホ短調Op.64メンデルスゾーン : ヴァイオリン協奏曲ホ短調Op.64
(2005/12/21)
ハイフェッツ(ヤッシャ)

商品詳細を見る


このジャケット見覚えあるし一緒にはいってるのがプロコフィエフだから
たぶんこれー

バイオリンいいなー
そしてけっきょく、ハイフェッツかっとけばいいやというかんじに
聞き比べるような人ならともかくそうでないなら
けっきょくハイフェッツ買い直したらそっちのほうがよかった
(値段とかたまたまうってたとか、一緒に入ってる曲とか、選択の理由はいろいろ)
ということばっかりー

ヤン・ティルセン(アメリの音楽の人)の曲のこと&映画『グッバイ、レーニン!』とか

ヤン・ティルセン──の音楽はとっても好きだったり

一番有名&私が知ったのも映画の『アメリ』からでした
アメリは映像が綺麗&なにより音楽がいいというかんじで好きな作品だけど
サントラを買ってとってもきにいったので
ティルセンのCDを買い集めていったとか・・・

でも輸入盤をかったことが多い(というか日本のはアメリ以外でてたっけ?)し
ティルセンってどんな人かいまいちよくわからなかったり
フランス人??というきもするけど、ヤンって名前がフランス人ぽくないかも??

というかんじでウィキペディアを調べたら日本語版にはなかったけど
英語版にはあったー
フランス語版とかよめないからしらない;;

▼Yann Tiersen
From Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Yann_Tiersen

Guillaume Yann Tiersen (born 23 June 1970) is a French musician and composer known internationally for composing the score to the Jean-Pierre Jeunet movie Amélie[1][2]. His music is recognized by its use of a large variety of instruments in relatively minimalist compositions, often with a touch of either European classical music or french folk music, using primarily the piano, accordion or violin together with instruments like the melodica, xylophone, toy piano, ondes martenot, harpsichord and typewriter. He has been compared to musicians Chopin, Erik Satie, Phillip Glass and Michael Nyman [3].

Biography

Tiersen was born in Brittany, France, in 1970 and received classical training at several musical academies, including those in Rennes, Nantes, and Boulogne[4]. Before releasing scores under his own name, Tiersen recorded background music for a number of plays and short films, such as La Vie Rêvée des Anges (1998, Erick Zonca), Alice et Martin (1998, André Téchiné), Qui Plume la Lune? (Christine Carrière, 1999).

He rose to domestic fame upon the release of his third album, Le Phare, but remained relatively unknown outside France until the release of his score for Le fabuleux destin d'Amélie Poulain in 2001, which was a mixture of both new and previously released material.

Tiersen favors the piano, accordion, and violin, but is also known for his experimentation and use of obscure instruments like the ondes martenot and the typewriter.

Yann Tiersen's list of collaborators continues to grow album after album (see discography below for details). While composing his fifth album, L'absente, Tiersen lent his musical talent to Françoiz Breut and Les Têtes Raides for their own albums. His 2005 album, Les Retrouvailles, featured vocals from Stuart Staples of Tindersticks, Jane Birkin, and Elizabeth Fraser, formerly of Cocteau Twins. Tiersen also played piano on Staples' solo album, Lucky Dog Recordings 03-04.

His live performances vary greatly. Sometimes he is accompanied by an orchestra and many guest collaborators, like Dominique A. Others, he offers the more frequent minimalistic sessions, usually accompanied only by a drummer/bassist and a guitarist, with Tiersen switching seamlessly between piano, accordion, and violin for his lighter songs, and electric guitar for his difficult pieces.


[edit] Discography

[edit] Studio albums

La Valse des Monstres (1995)
Rue des Cascades (1996)
Collaborations: Claire Pichet.
Le Phare (1998)
Collaborations: Claire Pichet, Dominique A.
L'Absente (2001)
Collaborations: orchestral group Synaxis, Lisa Germano, Sacha Toorop, Dominique A, Neil Hannon, Natacha Régnier, Têtes Raides
Les Retrouvailles (2005)
Collaborations: Stuart Staples of Tindersticks , Jane Birkin , Elizabeth Fraser of Cocteau Twins .
Tabarly (2008)

[edit] Soundtracks

Amélie Original Soundtrack (2001)
Good Bye Lenin! Original Soundtrack (2003)
Collaborations: Claire Pichet.
On aime On aide (EP composed to raise founds for the FIDH) (2003)
Tabarly (2008)

[edit] Live albums

Black Session (1999)
Live album
Collaborations: Neil Hannon (of The Divine Comedy), Bertrand Cantat (of Noir Désir), Françoiz Breut, The Married Monk, Têtes Raides and a string quartet.
C’était ici (2002)
Live compilation album
Collaborations: 35-member orchestral group Synaxis, conducted by Guillaume Bourgogne. Claire Pichet, Christine Ott, Christian Quermalet, Marc Sens, Nicholas Stevens, Jean-François Assy, Renaud Lhoest, Oliver Tilkin, Ronan le bars, Têtes Raides, Dominique A, Lisa Germano.
On Tour (2006)
Collaborations: Elizabeth Fraser of Cocteau Twins , Diam's , Katel, DD la Fleur

[edit] Collaborations

One trip, one Noise (by Noir Désir) (1997)
Collaboration on A ton étoile: arrangements, strings, vibraphone, bell, mandolin, electric guitar and bass.
Bästard (EP) (1999)
Collaborations: Bästard
Tout est Calme (1999)
Collaborations: The Married Monk
Collaborations: the Vienna Symphony Orchestra, Lisa Germano, Neil Hannon (of The Divine Comedy), Dominique A, Françoiz Breut, Têtes Raides, Sacha Toorop (of Zop Hopop), the actress Natacha Regnier, Christian Quermalet (of The Married Monk), Marc Sens (a Serge Tessot-Gay collaborator), Christine Ott and a string quartet.
Vingt à trente mille jours (by Françoiz Breut) (2000)
Collaboration on Porsmouth (vibraphone), Vingt à trente mille jours (vibraphone), L'heure bleue (violin), Le verre pilé (vibraphone); he made the arrangements of the other tracks.
Collaborations: Dominique A, Gaëtan Chataigner, Sacha Toorop and Luc Rambaud.
Gratte-poil (by Têtes Raides) (2001)
Collaboration on Cabaret des nues (violin)
The Married Monk (by The Married Monk) (2001)
Collaboration on Roma Amor (strings, vibraphone), Holidays (strings) and Cyro's request (vibraphone)
Les oiseaux de passage (tribute to Georges Brassens)
Collaboration: he covers Le parapluie with Natacha Régnier
Absent Friends (by The Divine Comedy) (2004)
Collaboration on Sticks & Stones (accordion) and Antherm for a bored youth (accordion) which is a track on the limited edtion pack.
Yann Tiersen & Shannon Wright (2004)
Collaborations: Shannon Wright.
The endless rise of the sun (by Smooth) (2006)
Collaboration on The endless rise of the sun (guitar, keyboards)
Smooth played in first part of some of Yann Tiersen's concerts in Spain, Poland and Germany in 2007.
Raides à la ville (by Katel) (2006)
Collaboration on La Vielle (violin)
Katel played in first part in France and Spain in 2006
13m² (by David Delabrosse) (2006)
Collaboration: he made the arrangements
Collaborations: Françoiz Breut, Marc Sens, Christian Quermalet, Renaud Lhoest
David Delabrosse played in first part in the C'était ici's tour in 2002 and in 2006. He was also Elliot's Baby Sitter.
The clip of the track Elliott (about Yann Tiersen's son) was made by Aurélie Duboy, Yann Tiersen present girlfriend.

[edit] DVD

La Traversée (2005) (by Aurélie du Boys, about the recording and composition of Les Retrouvailles in Ouessant)
On Tour (2006) (by Aurélie du Boys, about the tour)


フランス語よめないからアルバムとかのタイトルも
超てきとう読みで覚えているので
どれをもってるか、記憶とか認識があやしすぎ・・・

ボールドになってるのは
もってる、もってるはず、もってたような?──に分類されるもの

2008年になんかでてる(よめない)からこれもかってみようかなー
うってるかな?

TabarlyTabarly
(2008/06/10)
Yann Tiersen

商品詳細を見る


うってたヽ(´ー`)ノ
ていうかもうすぐ発売で予約受付中だったー
注文しとこ・・・

ウィキペディアによると
ショパン、サティ、グラス、ナイマンに比較されるとかー

ショパンは古典すぎるからおいとくにしても
サティとグラスは好きだったりー


映画『グッバイ・レーニン』

このサントラ好きーーー

映画自体はなにげにつたやで借りて見た記憶があるので
そんなにマイナーではないかも

あ、ウィキペディアにあった

▼グッバイ、レーニン!
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%90%E3%82%A4%E3%80%81%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%21

『グッバイ、レーニン!』 (Good Bye Lenin!) は2002年製作、2003年2月に公開されたドイツの映画。監督はヴォルフガング・ベッカー、脚本はベルント・リヒテンベルクとヴォルフガング・ベッカーの共同、音楽は『アメリ』のヤン・ティルセン。東西ドイツ統合後に庶民の身に起こった悲喜劇を家族像と共に描いた佳作。

映画公開後は本国ドイツで大ヒットし、ドイツ歴代興行記録を更新した。 また第53回(2003年)ベルリン国際映画祭の最優秀ヨーロッパ映画賞(「嘆きの天使賞」)ほかドイツ内外の様々な映画賞を受賞した。

日本ではギャガ・コミュニケーションズの配給で2004年2月に公開。



ドイツで大ヒットしたとかー

映画のほうも魅力的だったかも
主人公の母親がよいかんじだったかも
あとレーニン像が撤去されて飛んでいくシーンが印象的だったかも

映画についてはなんか昔かいたような気がするのでおいといて
音楽の話・・・

公式ページはここ

映画グッバイ・レーニン公式サイト
 http://www.gaga.ne.jp/lenin/


この音楽もいいです
アメリもよかったけど、こっちのほうがもっと好きかも

「グッバイ、レーニン!」オリジナル・サウンドトラック(CCCD)「グッバイ、レーニン!」オリジナル・サウンドトラック(CCCD)
(2004/01/16)
ヤン・ティエルセンクレア・ピケット

商品詳細を見る


新品は品切れっぽいですねー

というわけで曲はこんなかんじ・・・



画像が適当すぎるけど、ないと寂しいからしょうがないってことで

オペラ『ヘンゼルとグレーテル』(フンパーディンク)より「魔女の騎行」

前回魔女の絵本をみて思い出したのが
魔女の騎行──です

オペラ『ヘンゼルとグレーテル』のなかに登場する曲で
タイトルのとおり、ワーグナーのワルキューレの騎行に影響をうけたとされる曲です

ヘンゼルとグレーテル(アーサー・ラッカム).jpg


というわけでさがしだした
これの出典のCDはそのうちさがす;;

アマゾンにあったのはこんなCD
なんか見覚えがない気がするのでこれじゃない気がする・・・
ていうか値段で輸入のをよくかってたりするからわけわからないことが・・・

フンパーディンク : 歌劇 「ヘンゼルとグレーテル」全曲フンパーディンク : 歌劇 「ヘンゼルとグレーテル」全曲
(1999/10/22)
グルントヘーバー(フランツ)ドレスデン国立歌劇場少年合唱団

商品詳細を見る


クリスマスころによくやってるオペラで
子供向けっぽいけれど、かわいいです

グルメのロジーナっていう魔女の自己紹介の表現がとっても好き・・・

ていうか、この表現が好きで覚えてるけど
あらすじには魔女の名前はいってない・・・

魔女という存在の取り扱われ方がわかるかも
固有名詞でよんでもらえないとかわすれられがちな存在とか?



第2幕への前奏曲ですねー

▼ヘンゼルとグレーテル (オペラ)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB_%28%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%29

『ヘンゼルとグレーテル』 (Hänsel und Gretel) はドイツの作曲家エンゲルベルト・フンパーディンクの作曲した全3幕のオペラである。

原作は有名なグリム童話ヘンゼルとグレーテルである。 台本は作曲者の妹であるアーデルハイト・ヴェッテ。1893年12月23日にヴァイマルにて初演、後にロンドンやニューヨークでも公演され、大好評を博しフンパーティングの代表作となったとともに、ヴァーグナー以後のドイツオペラの代表する作品といわれる。  

[編集] 登場人物
ヘンゼル(メゾソプラノ)森で迷う兄妹の兄
グレーテル(ソプラノ)兄妹の妹
ペーター(バリトン)箒職人で兄妹の父
ゲルトルート(メゾソプラノ)兄妹の母
お菓子の魔女(メゾソプラノ)魔法でおびき寄せた子供たちを捕まえ食べてしまう悪い魔女
眠りの精、露の精(ソプラノ)森の妖精。眠りの精は眠りにつかせ露の精が目を覚まさせる。

[編集] あらすじ
原作であるグリム童話とは異なる設定が多い。


[編集] 第1幕
 貧しいほうき職人の夫婦ペーターとゲルトルート、二人の子供のヘンゼルとグレーテルが住んでいました。ある日、留守番をしていたヘンゼルとグレーテル兄妹が言いつけられた仕事に飽き、遊んでいるところに母親ゲルトルートが帰ってきます。子供たちが仕事もせずに遊んでいることに腹を立てたゲルトルートは、ヘンゼルにお仕置きをしようとしてミルクの入ったつぼを割ってしまいます。唯一の食料がなくなり困ったゲルトルートは、子供たちを森へいちごを摘みに行かせます。子供たちを送り出すと、ゲルトルートは疲れ果てて、愚痴をこぼしながら寝入ってしまいます。 父親ペーターが食料をたくさん持って、陽気に歌いながら帰ってきます。最初はうるさがったゲルトルートも、たくさんの食べ物を見て機嫌を直し、2人はほうき屋ばんざいと楽しく歌います。しかし、子供たちが森へ行ったことを知ったペーターが、森にはお菓子の魔女が住んでいて子供を捕まえて食べてしまうと語り、二人は森へ子供たちを捜しに行きます。


[編集] 第2幕
森の奥で兄妹は道に迷って帰れなくなり日が暮れかかる。眠りの精が二人を眠らせてしまう。


[編集] 第3幕
露の精のおかげで兄妹が目を覚ますと、魔女が魔法で作ったお菓子の家が現れる。家の中から出てきた魔女に二人は捕まり食べられそうになるが、機転を利かせて逆に魔女を退治する。すると魔法により閉じ込められていた他の子供たちも助け出され、兄妹は両親と再会する。


[編集] 評価
作曲者であるフンパーディンクは、一時ワーグナーの元で働いていたこともあり、その影響を大きく受けている。フンパーディンクはこの作品により独立した作曲家としての地位と名声を手にしたが、随所にあるワーグナー風の作曲手法と、それとは対して軽快で明るい魅力を持っている。



▼エンゲルベルト・フンパーディンク
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AF

エンゲルベルト・フンパーディンク(Engelbert Humperdinck, 1854年9月1日 - 1921年9月27日)はドイツの作曲家。




ニコニコ動画のことだけど
今回はり付けたのは今さっきこのブログかくついでにアップしたものだけど
(静止画+音楽はとってもかんたん)
他の人のもはりつけてあるからちゃんと区別つけとくかな

追記ー

CD発見した
指揮者はカラヤンだった

アマゾンにあったーヽ(´ー`)ノ

Humperdinck;Hansel Und GretelHumperdinck;Hansel Und Gretel
(1999/09/06)
Philharmonia Orchestra

商品詳細を見る


これー

Philharmonia Orchestra (アーティスト)
Herbert von Karajan (指揮)

カラヤンは指揮者で有名だからいいとして
いつもオーケストラの名前がぐちゃぐちゃ・・・
翻訳の名前とか省略とかややこしすぎるし
まぎらわしい別のがあったり、ただの別名だったりとか・・・

この演奏はPhilharmonia Orchestra

ウィキペディアによると・・・

▼フィルハーモニア管弦楽団
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%A2%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%9B%A3

フィルハーモニア管弦楽団(The Philharmonia Orchestra、愛称"The Phil")は、イギリスのオーケストラである。本拠地は、1995年よりロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホール。世界でも最も録音の多いオーケストラとしても有名である。


こんなかんじー

ベルク「ロイコンに(An Leukon)」~歌曲の歌詞&ドイツ語&カルペディエムとか

ベルクの好きな曲だけどマイナーかも・・・
この歌詞を収録したのは1999年の日付があった
それを発掘したので収録ー

CDは家のどこかにあって類似品はアマゾンにあるけど
もってるのとちがうかも

7 early songsのCDについでに入っていた曲で
このCDにも入ってるけど、たぶんもってるのとちがうー
さがすの今はめんどくさい・・・

Schoenberg: Cabaret Songs; Berg: Lieder; Webern: Seven Early SongsSchoenberg: Cabaret Songs; Berg: Lieder; Webern: Seven Early Songs
(1994/04/13)
Alban Berg、

商品詳細を見る


ごそごそ棚をさがしてみつけたー

表紙とかの冊子は行方不明だけど

7 Early Songs7 Early Songs
(1993/09/07)
BergMarshall

商品詳細を見る

ヽ(´ー`)ノ

でももう品切れで中古の値段がすごい;;

普段MP3にしてPCできいてるからCDさがすのがたいへんだったり

あと収録したときには、ドイツ語ウムラウト(üとか)だせないから
めんどくさくて:を後につけてるけど、まいっかー
気が向いたらお手入れしようかな

なおしてみた
u: → ü だけでいいのかな?
あと、SSもエスツェットがだせないからそうしてたけど
それもかえよう

手作業で収録したから間違いあるかもしれないけど・・・

ロイコンに、は、カルペディエムの詩に似ているけど
ともかく歌詞とかについては出典とかさっぱりー

ロイコンに(An Leukon)(1908)[歌曲] J.グライム詞

An Leukon
1908
Johann Wilhelm Ludwig Gleim


Rosen pflücke, Rosen blühn,
Morgen ist nicht heut!
Keine Stunde laß entfliehn,
Flüchtig ist die Zeit!

Trink und küsse: Sieh, es ist
heut Gelegenheit;
Weißt du, wo du morgen bist?
Flüchtig ist die Zeit.

Aufschub einer guten Tat
Hat schon oft gereut.
Hurtig leben ist mein Rat,
Flüchtig ist die Zeit.



To Leukon

Gather roses, the roses are in bloom,
tomorrow is not today!
Let no hour slip away:
time is fleeting!

Drink and kiss: look today
you have the chance;
do you know where you'll be tomorrow?
Time is fleeting.

Putting off a good deed
is often cause for regret.
Live life at full tilt is my advice,
time is fleeting.


曲はこんなかんじ


これ非公開だと直接ここで再生できないっぽいー
てことで設定変更ー

ていうか綴り間違ってるきもするけど
küssseって、sおおすぎのような?
ぐぐったらドイツ語のサイトがあって
küsseだったのでやっぱりsがいっこ多かったようで
動画に歌詞はりつけたあとなのでめんどう;;


というわけでドイツ語についてー

ß
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(エスツェット から転送)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88

ßは「エスツェット(eszett)」と呼ばれ、ドイツ語の正書法でラテン文字(アルファベット)に加えて使われる文字である。小文字だけであり、大文字はない。ドイツ語では scharfes s (シャーフェス エス=鋭い s)とも呼ぶ。スイスでは、この文字を使わず、代わりに ss と綴る。

本来はリガトゥーラ(続け文字)のひとつである。スイスを除き、エスツェットはドイツ語の正書法において固有の機能を持つ文字であり、s の無声音 /s/ を表すために用いられる。

一般には ß は、同じく s の無声音 /s/ を表す ss とほぼ等価であり、ss を1文字で書いたものとされる。辞書では ss の位置に置かれる。また、英文タイプライタなどで ß が表示できないときも ss と代用表記することになっている。正書法で ß を用いるのは、次のような場合である。

長母音の後 - ドイツ語の正書法では、長母音の後には子音字を1つ、短母音の後には子音字を複数置くという原則がある。このため、長母音の後には ss を置くことができず、一方で単独の s は母音の前では有声の s (/z/) を表すため、ß を用いる。
語末 - 旧正書法では、語末の /s/ には、s と ß の二つの綴りがあり、単語によって書き分けられた。例えば同音異義語の das と daß がそうだった。1996年の新正書法では、短母音の後の ß は ss と綴るようになったので、前記の語は das と dass になった。
新正書法では ß が使えないときの置き換えにはつねに ss が用いられるよう規定された。旧正書法では sz もまた認められる置き換えであった。旧東ドイツ政府においても sz を認めようとする動きがあった。


語全体を大文字で書くときは SS と書くが、ß を大文字として使うことも散見される。固有名詞などは混同を避けるため ß をそのまま用いる。例えば姓の Weiss と Weiß を大文字で書くときは、それぞれ WEISS, WEIß になる。

この極めてドイツ的なリガトゥーラの形を適切に決めるための議論が、いまもなお続いていることは、新しいタイポグラフィーデザインに示されている。


[編集] 起源

エスツェットのタイポグラフィには大別して3つあり、ſ(長いsと呼ばれ、f に似ているが、横棒が右に突き出さない)と普通のs の合字、ドイツ文字(亀甲文字)のſ(エス)とz(ツェット、ドイツ文字の z は筆記体の z と似ている)の合字の、二系統がある。現在ラテン字母とともに使われる文字形は ſs の合字に由来する。また、「エスツェット」の名称は後者に由来する。


[編集] 備考
ギリシャ文字の Β(ベータ)の小文字 β とは全く別の文字である。文字セットに ß がない場合に便宜的に β で代用することがあるが、ドイツ語では ss で代用することが常に推奨される。



ウムラウト
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%88

ウムラウト(ドイツ語 : Umlaut)とは、

ゲルマン語派の幾つかの言語において見られる母音交替現象。

それによって変化した母音を示すダイアクリティカルマークの一種で、ラテン文字の母音字の上部に付される横並びの2点「¨」のこと。

前述の母音交替現象そのものと区別する為「ウムラウト記号」と言ったほうがいい。



あとは内容的なもの関連でー

768px-Adriaen_van_Utrecht-_Vanitas_-_Still_Life_with_Bouquet_and_Skull.jpg

Carpe diem
From Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Carpe_diem

Carpe diem is a phrase from a Latin poem by Horace. It is popularly translated from the movie Dead Poets Society as "seize the day". The general definition of carpe diam is "pick, pluck, pluck off, gather" as in plucking or picking a rose or apple, although Horace uses the word in the sense of "enjoy, make use of, seize."[1]

aetas: carpe diem quam minimum credula postero.

is running away from us. Seize the day, trusting little in the future.



Still life
From Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Still_life

Vanitas
From Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Vanitas

In the arts, vanitas is a type of symbolic still life painting commonly executed by Northern European painters in Flanders and the Netherlands in the sixteenth and seventeenth centuries. The term vanitas itself refers to the arts, learning and time. The word is Latin, meaning "emptiness" and loosely translated corresponds to the meaninglessness of earthly life and the transient nature of vanity. Ecclesiastes 1:2 from the Bible is often quoted in conjunction with this term. The Vulgate (Latin translation of the Bible) renders the verse as Vanitas vanitatum omnia vanitas. The verse is translated as Vanity of vanities; all is vanity by the King James Version of the Bible, and Utterly meaningless! Everything is meaningless by the New International Version of the Bible.

Paintings executed in the vanitas style are meant as a reminder of the transience of life, the futility of pleasure, and the certainty of death, encouraging a sombre world view.

Common vanitas symbols include skulls, which are a reminder of the certainty of death; rotten fruit, which symbolizes decay like ageing; bubbles, which symbolize the brevity of life and suddenness of death; smoke, watches, and hourglasses, which symbolize the brevity of life; and musical instruments, which symbolize brevity and the ephemeral nature of life.

The first movement in composer Robert Schumann's 5 Pieces in a Folk Style, for Cello and Piano, Op. 103, is entitled Vanitas vanitatum. Mit Humor.

The motto of the Harvard Lampoon magazine is Vanitas, a play on Harvard University's actual motto, Veritas (Truth).

[edit]
See also

Memento mori
Danse Macabre
Ars moriendi

●Wikimedia Commons
Vanitas

http://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Vanitas



メメント・モリ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%AA

メメント・モリ(Memento mori)は、ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句である。日本語では「死を想え」「死を忘れるな」などと訳される事が普通。芸術作品のモチーフとして広く使われ、「自分が死すべきものである」ということを人々に思い起こさせるために使われた。

古代ローマでは、これは将軍が凱旋のパレードを行なった際に使われた、と伝えられる。将軍の後ろに使用人が立ち、この使用人は、将軍は今日絶頂にあるが、明日はそうであるかわからない、ということを思い起こさせる役目をになっていた。そこで、使用人は「メメント・モリ」と言うことによって、それを思い起こさせていた。

ただし、古代ではあまり広くは使われなかった。当時「メメント・モリ」の趣旨はcarpe diem(今を楽しめ)ということで、「食べ、飲め、そして陽気になろう。我々は明日死ぬから」というアドバイスであった。これの起源は聖書にあり、イザヤ書22:13には「食べ、飲もう。我々は明日死ぬのだから」とある。ただし、この考えは聖書以外で現れている。例えば、ホラティウスの詩にはNunc est bibendum, nunc pede libero pulsanda tellus.(今は飲むときだ、今は気ままに踊るときだ)とある。ホラティウスは、死後においてはそういうことができない、と言うことを示そうとしたのである。これがcarpe diemの古典的なテーマである。

しかし、この言葉はその後のキリスト教世界で違った意味を持つようになった。天国、地獄、魂の救済が重要視されることにより、死が意識の前面に出てきたためである。キリスト教的な芸術作品において、「メメント・モリ」はほとんどこの文脈で使用されることになる。キリスト教の文脈では、「メメント・モリ」はNunc est bibendumとは反対の、かなり徳化された意味合いで使われるようになった。キリスト教徒にとっては、死への思いは現世での楽しみ・贅沢・手柄が空虚でむなしいものであることを強調するものであり、来世に思いをはせる誘引となった。


ハンス・ホルバインにより描かれた死の舞踏の版画「メメント・モリ」の思想がもっとも顕著に現れたのは、葬儀のための芸術及び建築物である。おそらく、現代人にとって最も衝撃的なのは、腐敗した死体を表現した墓であろう。これは15世紀に富裕階級の間で流行した。現存するものは、現世の富のむなしさを思い起こさせる。有名な死の舞踏は、「メメント・モリ」の最も知られているテーマで、死神が貧乏人と金持ちを等しく連れ去っている。これと同様なものがヨーロッパの多くの教会に飾り付けられた。その後の植民地時代のアメリカでも、ピューリタンの墓には翼を持つ頭蓋骨、骸骨、蝋燭を消す天使が描かれている。

また時計は、現世での時間がどんどん少なくなっていくことを示すもの、と考えられていた。公共の時計にはultima forsan(ことによると、最後(の時間))やvulnerant omnes, ultima necat(みな傷つけられ、最後は殺される)という銘が打たれていた。現代ではtempus fugit(光陰矢のごとし)の銘が打たれることが多い。ドイツのアウグスブルクにある、有名なからくり時計は、死神が時を打つ、というものである。こういった「死の時計」は、古き思想を思い起こさせる。個人はもっと小さな時計を持ち歩き、死の運命のリマインダ-としていた。例えば、スコットランド女王メアリーは、銀の頭蓋骨が彫られ、ホラティウスの詩の一文で飾られた、大きな腕時計を持っていた。

芸術では、「静物画」は以前vanitas(ラテン語で「空虚」)と呼ばれていた。静物画を描く際には、なにかしら死を連想させるシンボルを描くべきだと考えられていたからである。明らかに死を意味する骸骨(頭蓋骨)や、より繊細な表現としては花びらが落ちつつある花などがよくシンボルとして使用されていた。美術における骸骨に関しては、en:Skull (symbolism)に詳述されている。

写真が発明されると、多くの人々は最近死んだ親族の写真を撮らせた。ダゲレオタイプの技術的限界を考えて、肖像対象をじっとさせて置く一つの方法であった。

また、「メメント・モリ」は文学上でも重要なテーマであった。イギリスの作品では、トーマス・ブラウンのHydriotaphia、Urn Burialとジェレミー・テイラーの「聖なる生、及び聖なる死」が有名である。これらはエリザベス1世時代の終わりからジェームス1世時代にかけての陰鬱な時代の産物であった。18世紀後半では、トーマス・グレーのElegy in a Country Churchyardやエドワード・ヤングのNight Thoughtsが有名である。

多くの「メメント・モリ」に関する作品は、メキシコの祭り「死の日」に関連付けられる。この祭りでは、パンで作った頭蓋骨が飾られる。

現代の文学でも「メメント・モリ」のモチーフが見られ、例えばホルヘ・ルイス・ボルヘスの短編「不死の人」に見られる。



768px-Adriaen_van_Utrecht-_Vanitas_-_Still_Life_with_Bouquet_and_Skull.jpg


リスト「超絶技巧練習曲」(ベレゾフスキー)(ニコニコ)

ピアノがききたくなったりー
というわけで、ベレゾフスキーのリストのを
にこにこで発見したのでそれはりつけー

続きを読む »

「ミニマル・ミュージック」~フィリップ・グラスとか反復の魅力

ミニマル、ミニマリズム、ミニマル・ミュージック
とかについてちょっと調べてみたくなったので
ウィキペディアー

めぐりあう時間たち オリジナルサウンドトラック めぐりあう時間たち オリジナルサウンドトラック
フィリップ・グラス (2003/04/23)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る



ani_m_burusabubia.gif

続きを読む »

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

[ベケットギャラリー]

(ベケットの戯曲の抜粋ランダム)

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

全ての記事を表示

→全ての記事を表示

最近の記事

『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと⑤
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと④(読書法のこと)
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと③
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと②
『失われた時を求めて』のお気楽読書のーと①
ipodが壊れて買ったにっき
老子の読書めも②
リヴァイアサン読書メモ2(感覚、造影について)
贈り物には羊羹・贈り物には羊羹・贈り物には羊羹
氷が手に着くのは何でなのかな
ラジオのジャズのこと
リヴァイアサン読書めも1

ブログ内検索

Lc.ツリータグリスト

カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。